Webマーケの転職

【未経験×30~40代】Webマーケティング業界は年齢制限あり?何歳まで転職OKか。

『Webマーケティング業界の年齢制限』について徹底解説していきます。

Google・Yahoo!・Facebook・Instagramなど、インターネット広告市場の急激な成長により

最近とても人気な職業になりつつある、Webマーケターの仕事ですが

ベンチャー企業が多いこともあり、20代の人が多いイメージがありますよね

すーき
Webマーケティングの仕事って、年齢関係あるの?

今回は未経験からWebマーケターの仕事に挑戦したい、特に30~40代の方向けに

  • 年齢的に大丈夫なのか?
  • 未経験でも働けるのか?

他にも、転職活動する時の注意点や独学で勉強する方法についてまで

今も現役で活動するブログ管理人が解説するので、参考にしてみてください。

 

【条件】年齢制限があるWebマーケティング会社は実際ある!

まず結論からお伝えすると、Webマーケティング業界の会社の中には

「年齢制限を設けている会社がある」というのは、間違いなく事実です。

 

(年齢制限)35歳~40歳までが多い

もちろん全てのWebマーケの会社に、年齢制限があるわけではありませんが

「長期キャリア形成のため」という理由で、条件のある会社もあります

私も転職活動したことがあり、Webマーケ会社の求人をたくさん見ましたが

年齢制限については「35~40歳くらいまで」と設定されてることが多いです。

わにま
他の業種の会社でも、年齢制限は「35~40歳」くらいまでが多いよね。

またWebマーケティング企業については、基本的に年齢層が若い傾向にあり

「平均年齢30歳(20代後半の会社もある)」くらいだと覚えておきましょう。

ベンチャー企業になると社長自身も若く、35~40歳くらいが多い印象です。

 

(未経験なら)30代前半で決断する

ですので未経験の方であれば、Webマーケ業界にキャリアチェンジする

最終期限は「30代前半まで」で早めに決断することをおすすめします

Webマーケティング業界は、Google・Yahoo!・Facebook・Instagramなど

とにかく覚えることが多いので、身につけるべきスキルも多岐に渡るため

Webマーケターとして独り立ちするのにそれなりに時間がかかります

すーき
早めにキャリアチェンジして、経験を積む必要があるんだね。

もちろん35~40代くらいの年齢でも、採用してくれるWeb会社はあります。

ですが完全未経験だと難易度が高いので、例えば営業スキルをアピールする

デザインスキルをアピールするなど、武器を持っておく必要があります。

 

(20代など)若い方が有利なのか説

ちなみにWebマーケ業界の採用で、若い方が有利かと言うとそうとは限りません

もちろん20代の方が、Twitter・Instagram・YouTube・TiktokなどのSNSも

普段から触っているケースが多く、サービス理解が早いのは事実です。

ただ30~40代のように社会人経験が長ければ、顧客とのコミュニケーションも

円滑に進められたりメリットもあるので、若い方が一概に良いわけではないです。

わにま
20代でも30代~40代でも、スキルや本人の適性次第で決まるんだよね。
  • 今の年齢で未経験から転職できるのか?
  • 転職において身につけるべきスキルは?

など、Webマーケ業界への転職に不安がある方は、このブログ(Webマーケティングの学校)の

>>『公式LINE』で質問受付中なので、是非活用してもらえると嬉しいです。

 

【選び方】30~40代からWebマーケ会社に転職する時の注意点

それでは次に、Webマーケティング業界への転職を考えている方向けに

会社の選び方や転職活動する時の注意点について解説をしていきます。

 

(年齢層)若すぎる企業は避ける

まず会社選びのポイントについてですが、あまりにご自身の年齢と

企業の平均年齢がかけ離れている企業への転職はおすすめ出来ません

もちろん、若い人たちと切磋琢磨して働きたいという場合は別ですが

ある程度、年齢層が近い方がお互い仕事に取り組みやすいと思います。

すーき
IT系のベンチャー企業は、極端に年齢層が低い会社もあるからね。

教えてくれる上司が年下で、自分に対して気を遣ってくれたりすると

自身のスキルアップのためにもならないので、そこは対等な立場で

教えてくれる職場に所属できるよう、年齢層は意識してみてください。

 

「興味のある分野」に携われるか

またWebマーケティングの会社は、それぞれ得意な業界が違ってきます

例えば通販(EC)のWeb戦略に強い会社や、病院のWeb戦略に強い会社など

それぞれ得意分野が異なるので、ご自身が興味を持てるかも大事なポイントです。

例えば男性の方で、化粧品のWebマーケティングに強い会社に転職して

もし興味が持てなければ、日々の業務がしんどく感じてくると思います。

わにま
素直に「自分が興味を持てるか?」で、選んでみると良いんだね。

「ゲームに強い・金融業界に強い・不動産に強い・美容整形に強い」など

調べてみると、本当にたくさんの得意分野を持つWeb会社があるので

自分のの興味があること(好きなこと)も、選択肢に入れてみてください。

ちなみにWeb会社の中には、YouTubeに強い・Instagramに強いなど

"売る商材"に特徴がある会社もあるので、そこから選ぶのもおすすめです。

 

「経験」が少しでも活かせる企業

また「ご自身の経験が少しでも活かせる会社(もしくは業務内容)か?」

というのも応募する企業を選ぶ時は、是非意識して見てほしいポイントです。

最初に紹介したように、30~40代で未経験からWebマーケの会社に入るのは

多少難易度が高くなるので、アピールできるポイント(武器)が必要です。

すーき
例えば「営業の経験(&実績)」があれば、採用される可能性は高くなるよね。

例えば(MRなど)医療業界の経験があれば、医療業界のWeb戦略に強い会社から

採用されやすくなったりと、Webとは関係ない経験でも役立つことがあります

ですのでご自身の今までのキャリアで、携わってきた業種(や職種)で

経験が役に立ちそうなWeb会社を探してみるのも、個人的におすすめです。

 

(面接時)最低限の用語を覚える

SEO:検索エンジン最適化
CTR:クリック率
CPA:顧客獲得単価
CRM:顧客関係管理
CVR:お問い合わせ率
LTV:顧客生涯価値
GA:Googleアナリティクス
MA:マーケティングオートメーション

そしてWebマーケティング業界への転職を決めて、面接を受けようと考えている方は

(未経験の方でも)最低限、覚えるべき業界用語はチェックしておきましょう

もちろん未経験であれば、面接時に質問されることはないと思いますが

面接官が上記の用語を使用して、業務内容を説明する可能性は十分あります。

またこれらの業界用語を使いこなせると選考をより有利に進められます

 

【30~40代から】転職に向けてWebマーケティングを学ぶ方法

ここからはWebマーケ業界に転職する方法や独学で勉強する方法など

「未経験社向け」に、可能な限り分かりやすく解説をしていきます。

 

(短期)Webマーケスクールに通う

まず未経験者の方に一番おすすめなのが、Webマーケの専門スクールに通うことです。

最近ではWebマーケティングの概要から各種ネット(SNS含む)広告の運用まで

基礎から徹底的に、短期集中(2~3ヶ月)で教えてくれる学校が増えています。

わにま
その多くが未経験から、Webマーケ業界への転職を目指すスクールだよね。

例えばWeb業界最大手のDMM.comが運営するマケキャンというスクールは

未経験者専用で「3ヶ月」という短期集中で、働きながら通うことが可能です。

  • Webマーケの基礎を身につけて転職活動したい
  • 未経験だと採用してくれる企業が少なかった

という方であれば、一度受講することを検討してみてください。

もちろん授業料がかかりますが、Webマーケティング業界の第一線で活躍する

プロのWebマーケターから学べるので、実際に転職した後に即戦力として活躍できます

スクール名マケキャン by DMM.com
特徴未経験者の指導に強い
受講期間3ヶ月
入会金無料(期間限定)
料金(分割)31,900円~
返金保証あり(20日間)
場所オンライン完結
カウンセリングあり(無料)

 

\受講生の70%が年収アップを実現/

【公式】マケキャンを体験

※完全無料で、個別カウンセリングが受けられます。

 

Webメディアを運営して「実績作り」

Webマーケ業界に進むなら、もう一つおすすめなのが「メディア運営」ですね。

例えば自分の好きなこと(得意なこと)についてご自身で記事を書いていき

メディアを運営する方法ですが、Webマーケを実践で学ぶにはピッタリです。

わにま
メディアを運営するには、Webマーケの基礎・SEO・SNS等のスキルが必要だよね。

更に、安定的に多くのユーザーから見られるメディアに育てることが出来れば

「ご自身のポートフォリオ」として紹介し、転職活動に役立てられます

またスクールの受講に比べると、メディア運営は月々数千円程度で済むので

まずWebマーケの基礎を、実践の中で学ぶにはピッタリな方法だと思います。

このブログについても、一つのメディアとして私自身が運営しています
おんじ

 

「転職エージェント」に相談する!

そしてもう一つ、Webマーケ業界へ進みたい方に取り組んでほしいのが

一度転職サイトに登録して、転職エージェントに相談するようにすることです。

もちろん未経験だと直近で、採用してくれる企業はないかもしれませんが

(出来ればWebマーケ業界に強い)転職エージェントに一度相談しておく

自分自身がWebマーケ会社に入るために、足りないスキルが明確に分かります

わにま
もしかしたら今までの経験や適性で、採用してくれる会社もあるかもしれないよね。

ご自身が入りたい企業と、今のご自身のスキルを比較して「足りない部分」を知り

そこからスクールに通学するかなど、模索してみるのが良いと思います。

 

(独学より)仕事に慣れるのが大事

ちなみにWebマーケティングのことを学ぶなら、本を活用する方法もあります。

最近ではSEO対策・SNSマーケティングについてなど、各種専門書があるので

それらを活用して独学で勉強する方法もありますが、注意点もあります。

それは「Webマーケのスキルは、実践でしか磨けない」ということです。

もちろん専門書については、Webマーケの基礎の基礎を理解するには良いですが

座学の勉強だけではWebマーケターとしてスキルを身につけるのは難しいです。

わにま
実際に、クライアントのWeb戦略に携わる中でスキルを磨いていくんだね。

ですのでWebマーケ業界に挑戦したい方は、とにかく実践の中で学ぶということを

意識しスクールを受講したり、自身でメディアを運営したり挑戦してみてください。

 

Webマーケティング業界の【仕事内容・平均年収】について!

ここからは少し詳しく、Webマーケティングという仕事についてチェックします。

転職を検討している方は、この業界について理解を深めていきましょう。

 

(Webマーケ業界の)仕事内容

集客:SEO対策・リスティング広告・SNS広告など
改善:Googleアナリティクスを使ったサイト改善
CRM:メルマガ・LINE公式・各種SNSの運用など

Webマーケの仕事で取り扱う商材は、Google・Yahoo!・Facebook・Instagramなど

多岐に渡りますが、大きなカテゴリに分類すると3つしかありません。

Webマーケティングは、企業の商品やサービスを紹介するホームページを起点とし

  1. ホームページに「集客」する
  2. ホームページに「改善」する

の2つで新規のお客様を獲得し、CRM(顧客関係管理)でリピーターを増やします

特に一つ目の「ホームページに集客する」方法が、覚えることがたくさんあり

「Google・Yahoo!の検索広告・ディスプレイ広告・SNS広告・SEO/MEO対策」など

様々なWebサービスを駆使して、一人でも多くの人をホームページに集めます

わにま
そして一人でも多く注文してくれるよう、サイトを「改善」していくんだね。

 

(Webマーケター)転職先一覧

Web制作会社
Web広告代理店
事業主側の会社
総合広告代理店
SNSマーケ会社

このような仕事をするWebマーケティングですが、転職先は意外にも多いです。

ネット広告を専門に取り扱う、Web制作会社やWeb広告代理店はもちろんですが

(通販/ECなど)Webマーケターが特に必要な事業会社も募集をしています。

すーき
未経験から採用してもらいやすいのは、Web広告代理店だよね。

もしWebマーケターとしてキャリアチェンジしたい方は、上記のように会社の中から

いくつか求人をピックアップして、まずは面接を受けてみることをおすすめします。

「どれくらいの年齢層の人材を探しているか?」は、それぞれ企業により異なるので

30~40代未経験でも、本人のキャリアや適性次第で採用してくれるかもしれません

 

(Webマーケ業界の)平均年収

年代年収(全体)年収(Webマーケ)
20代348万円365万円
30代444万円462万円
40代510万円527万円

参考:Webマーケターの平均年収(doda調べ)

ちなみに意外かもしれませんが、Webマーケターの仕事は他職業より給料が高いです。

20代~40代まで、一般的な平均年収とWebマーケターの平均年収を比べると

全ての年齢層で、多く給料をもらえている職業だということが分かります。

もちろん本人の経験やスキルに応じて年収は大きく変わってくるのですが

Webマーケターという職業は、今後さらに市場価値が高まると思っています。

 

※より詳しくは>>『WEBマーケティング業界の平均年収(年収1,000万稼ぐ方法)』をご覧ください。

 

Webマーケティング業界で【未経験OKの求人】が多い理由2つ

最後にWebマーケティング業界の将来性について、補足で説明していきます。

この業界はインターネットの普及により、市場が拡大している業界なのですが

常に人材不足で、未経験で採用し一から育てる企業が多いのも事実です。

 

「インターネット市場」が拡大

まずインターネット広告市場については、2015年から年々成長し続けています

テレビ・新聞・ラジオ・雑誌など、オフライン広告は縮小する一方で

(YouTubeなど)動画広告の影響もあり2019年に2兆1,048億円に達しました

今までテレビに多くの広告予算をかけてきた、多くの大企業でさえも

デジタルシフトを迫られており、Webマーケターは今後更に必要になる可能性が高いです。

わにま
なのにWebマーケターって、常に人手不足なんだよね。

 

(Web業界は)常に人材不足!

Webマーケティング業界やWebマーケターという仕事は、まだまだ認知度が低く

(専門職なのに)あまりスキルを身につけたい人が多くないのが現状です。

ですので未経験から転職したい方はまさに今がチャンスだと思います

Webマーケターの数が増えてくれば、もちろん倍率も高くなってしまうので

今からスタートして、少しずつでもスキルを磨いていくのがおすすめです。

わにま
今なら未だ経験者の数が多くないから、重宝される可能性が高いね。

 

※より詳しくは>>『(未経験者向け)Webマーケティングの将来性を考察。』をご覧ください。

 

-Webマーケの転職

© 2021 Webマーケティングの学校