おすすめ勉強方法

【初心者OK】Webマーケティング勉強におすすめ最強本13選!2022年版ランキング。

『Webマーケティング勉強におすすめな本・参考書』について徹底解説します。

(Amazon等で)販売されてる書籍の中には、Webマーケティングの基礎知識から

"SEO対策・ネット広告・サイト分析・SNSアカウント運用"などの専門スキルまで

幅広く体系的に身につけることが出来るので、独学に活用するのにピッタリです。

すーき
初めてWebマーケティングを勉強するなら、どの本が良いか教えてほしいな。

そこで、今回は"完全初心者の方"向けに

Webマーケの基礎が学べる入門書
Webマーケのスキルが身につく本
SNSマーケについて勉強できる本

など「合計13冊」を厳選したので、一つ一つ"本のレビュー"を紹介していきます。

最後に、Webマーケ本の「おすすめランキング(2022年最新版)」をまとめており

不動の人気がある"名著"ばかりなので、是非気になる1冊を見つけてみてください。

 

※この記事は、業界8年目の"現役Webマーケター"であるブログ管理人が監修してます。

スポンサーリンク



【基礎が学べる】Webマーケティングのおすすめ入門書5冊

最初に「Webマーケティングの全体像が学べる入門書」から紹介していきます。

"具体的にどんなことをやるのか?"理解するのにピッタリな書籍ばかりです。

 

(最強の名著)沈黙のWebマーケティング

沈黙のWebマーケティング

まずは"Webマーケターの必読書"とも言われる「沈黙のWebマーケティング」です。

沈黙のWebマーケティングは特に初心者の方に是非おすすめしたい1冊なのですが

ホームページの仕組み
SEO対策の仕組み
効果的なWebデザイン
効果的なWebライティング
SNS運用テクニック
分析ツールの使い方

など"ホームページを活用し成果を出す"ための、必要な知識が全て詰まっており

"漫画形式"でストーリーが進むので、活字だけの本より圧倒的に読みやすいです。

更に沈黙のWebマーケティングは、売上が低迷するオーダー家具屋の通販サイトの

運営を任された「めぐみ」が、天才Webマーケター「ボーン片桐」の力を借りて

奮闘するという"ドラマ仕立て"のお話になっており、内容が非常に面白いです。

わにま
"オーダー家具屋の通販サイト"という事例を元に、ストーリーが進んでいくんだね。

 

(用語の理解)Webマーケッター瞳の挑戦!

マンガでわかるWebマーケティング

続いては、Webマーケの仕事について学べる「Webマーケッター瞳の挑戦!」です。

Webマーケッター瞳の挑戦!は、Web業界の企業研修で利用されるほど有名な書籍

KPI:重要業績評価指標
PV数:ページビュー数
UU数:ユニークユーザー数
CTR:クリック率
CVR:お問い合わせ率
CPA:顧客獲得単価

などWebマーケ業界で登場する"専門用語の解説"から、現場で役立つ"ノウハウ"まで

Webマーケターの仕事で「必要な知識・スキル」を、基礎から体系的に勉強できます

この書籍も"漫画形式"でストーリーが進むのですが、新人Webマーケターの主人公が

クライアントの売上を伸ばすため日々切磋琢磨し成長するという物語になっており

"Webマーケターのやりがい・大変さ"がリアルに描かれてる点も、魅力の一つと言えます。

すーき
実際クライアントの対応をしてると、様々な"トラブル"が起こるもこともあるよね。

 

(フレームワーク)顧客起点マーケティング

顧客起点マーケティング

続いて、マーケティングについて幅広く学べる「顧客起点マーケティング」です。

顧客起点マーケティングは

  • 日本一の販売数を誇る化粧水:肌ラボ
  • 男性用ボディケアブランド:デ・オウ

など大ヒット商品のマーケティングに携わった、P&G出身「西口一希さん」の書籍です。

この本はWebに限らず"売れる商品"をつくるためにどんな考え方・戦略が必要なのか

分かりやすく解説されており、マーケティング初心者でもスラスラ読み進めらます。

顧客ピラミッドの活用方法
顧客のニーズ分析の重要性
5W1Hのマーケティング戦略
カスタマージャーニーの作成

などWebマーケティングの現場でも活用できる、様々な"フレームワーク"について

西口さんの実績を元に解説されており、実践的な知識・ノウハウが身につきます。

わにま
フレームワークの資料はExcelでダウンロードできるので仕事で活用できるんだよね。

 

(行動心理を知る)ネットで「女性」に売る

ネットで「女性」に売る

次は、女性がネットで商品を買う"心理"を学べる『ネットで「女性」に売る』です。

そもそも、マーケの世界では「女性は感情で動く」そして「男性は理屈で動く」と

よく言われますが、男性と女性では購入に至るまでの"感情の変化"が全く違うので

男性用商品と同じ理屈で、女性用商品を販売すると「失敗するケース」が多いです。

この"ネットで「女性」に売る"という書籍では

女性は買い物の時何を考えているか?
女性はどのような言葉だと響くのか?
女性に売る時何を気をつけるべきか?

など女性向け商品をプロモーションする上で欠かせない"行動心理"を勉強できて

内容がかなり簡単にまとまってるので、最初に読む1冊にはピッタリだと思います。

 

(業界の動向)コトラーのマーケティング

コトラーのマーケティング4.0

次は、最新のWebマーケに対する考え方を学べる「コトラーのマーケティング」です。

この書籍は"マーケティングの神様"とも呼ばれる、フィリップ・コトラーが執筆した

海外の書籍で、スマートフォンが普及した現代で、消費者はどのような心理で行動し

Webマーケターは今後どのように対応すべきか、最新のWebマーケ戦略を勉強できます。

例えば

企業はSNSを活用し消費者とどんなコミュニケーションをすべきか?

など、デジタル社会における"Webマーケティングの考え方"を知るにはピッタリです。

他の書籍に比べると"専門用語"も多く少々読むのに苦労するかもしれません

世界的に有名な名著なので、基礎知識を身につけた後、是非挑戦してほしい1冊です。

スポンサーリンク



【社会人向け】Webマーケの実務スキルが身につける本4冊

続いては、Webマーケティングに必要な「実務スキルが身につく本」を解説します。

  • SEO対策
  • ネット広告
  • ブログ運営

などジャンル別で、おすすめを1冊ずつ紹介するので、参考にしてみてください。

 

(SEO対策)目からウロコのSEO対策「真」常識

目からウロコのSEO対策「真」常識

まずは、SEO対策を勉強するなら『目からウロコのSEO対策「真」常識』がおすすめ。

そもそもGoogle・Yahoo!などの検索エンジンで、自社サイトを1位に表示させるには

▼サイト内部

タイトルタグの最適化
見出しタグの最適化
サイト構成の最適化
ページ表示速度の改善

▼サイト外部

被リンクの獲得
SNSシェアの獲得
Google"EAT"対策

など様々な改善を実施する必要があり、求められる"知識"も多岐にわたります

目からウロコのSEO対策「真」常識は、SEO業界で有名な「柏崎 剛さん」の書籍で

SEO対策における"良質なコンテンツ"の考え方から、技術的な実施スキルまで

専門家が幅広く解説してくれており、これからSEO対策について勉強したい方や

現役で活動するブロガー・アフィリエイターの方にも、読んでほしい1冊です。

 

(広告運用)リスティング広告 成功の法則

新版 リスティング広告 成功の法則

続いて、ネット広告を勉強するなら「リスティング広告 成功の法則」です。

Google・Yahoo!・Twitter・Instagramなど、一言で"ネット広告"と言っても

様々な種類がありますが、この"リスティング広告 成功の法則"という本では

Google広告(検索広告・ディスプレイ広告)
Yahoo!広告(検索広告・ディスプレイ広告)

の2種類について、基礎的な仕組みの理解から具体的な配信設定に至るまで

「図解付き」で分かりやすくまとまっており、初心者の方にもおすすめです。

また、ネット広告を使って"売上を伸ばすための思考法・考え方"についても

解説されており「ネット広告の本質」を理解するのに適した1冊だと思います。

わにま
ネット広告は"単に配信するだけ"ではなく、それを使って"成果(売上)を伸ばす"ことが大事だよね。

 

わかばちゃんと学ぶ「Googleアナリティクス」

わかばちゃんと学ぶ Googleアナリティクス

次のおすすめ書籍は『わかばちゃんと学ぶ「Googleアナリティクス」』です。

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する"サイト分析ツール"なのですが

サイト全体のアクセス数は?
スマホ経由のアクセス数は?
約何分くらい見られてるか?
先月売上はいくらだったか?

など様々なデータを取得できるため、ホームページの改善に活用されてます。

この本も"漫画形式で"話が進むのですが、図解・挿絵がたくさん使われており

Googleアナリティクスに登場する専門用語具体的な使い方を勉強できます。

また"わかばちゃんと学ぶ「Googleアナリティクス」"では

  • どのような意図でその数値を見るのか?
  • その数値を元にした改善案の考え方は?

など分析→改善の考え方も学べるので、現場での仕事でも大いに役立ちます。

すーき
「Googleアナリティクスをただ見てるだけの状態」を卒業できる1冊だね。

 

(ブログ運営)Google AdSense マネタイズの教科書

Google AdSense マネタイズの教科書

次は、ブログ運営者の必読書「Google AdSense マネタイズの教科書」ですね。

この書籍は、自分でサイトを立ち上げて副業で収入を得たい(稼ぎたい)

"ブロガー・アフィリエイター"を目指す方には、読んで欲しい1冊なのですが

「長く読まれ続けるブログ」を作成し、長く稼ぎ続ける"極意"が書かれてます。

すーき
"ブログのマネタイズ方法"について、体系的に学べる本なんだよね。

ブログ運営では"SEO対策"など、テクニカルなスキルはもちろん大事なのですが

それ以前に「ユーザー目線で最も有益な情報を伝えること」が大前提必要です。

これから"独学でWebマーケを学んで稼ぎたい人"には、特におすすめですね。

 

【初心者向け】Webマーケティングの漫画本を勉強に使おう

ここからは、Webマーケティングの勉強に役立つ「漫画本」を紹介します。

比較的スラスラ読めるので、特にWebマーケ初心者の方にはおすすめです。

 

(シリーズ本)沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティング

まずは、コンテンツマーケティングを学べる「沈黙のWebライティング」です。

"沈黙のWebライティング"は、最初に紹介した"沈黙のWebマーケティング"

シリーズ作品で、こちらも同様に"漫画形式"で楽しみつつ読み進められます。

そもそも「コンテンツマーケティング」とは、サイト内に記事(ブログ)を

追加し"アクセス数を増やす施策"のことで、Webマーケの手法の一つと言えます。

例えば

SEOを意識した記事を書く方法
分かりやすい記事を書くポイント
記事をリライトする具体的手順
インタービュー記事を書く方法

沈黙のWebライティングは、栃木県にある"老舗の温泉宿"が舞台になっており

天才Webマーケター「ボーン片桐」が、コンテンツマーケティングを駆使して

"ホームページを改善していく"お話で、具体的な事例があり読みやすいです。

 

(EC運用)マンガでわかるデジタルマーケティング

マンガでわかるデジタルマーケティング

続いては「マンガでわかるデジタルマーケティング」という漫画本ですね。

こちらの書籍も"漫画+テキスト"で構成されており、初心者にも読みやすく

3C分析・4P分析・顧客の心理分析など、マーケティングにおける基礎から

課題分析→顧客への提案まで、Webマーケターの仕事の流れを理解できます

わにま
「マンガでわかるデジタルマーケティング」は、特にEC(通販サイト)運営に携わる人におすすめなんだよね。

例えば

LTV:1人の顧客が累計で支払った金額(=利益)の総額
F2転換率:新規顧客のうち2回目の購入に至ったユーザー

などユーザーに直接商品を販売する、EC(通販)業界でよく使う用語や

EC業界向けのTwitter・InstagramなどSNS運用ノウハウも勉強できます。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティング勉強におすすめ漫画4選』をご覧ください。

 

【学生におすすめ】SNSマーケティングについて学べる本!

ここからは、特に「SNSマーケティング」について学べる本を紹介します。

"Twitter・Instagram・YouTube"等に、興味がある方は読んでみてください。

 

(SNS初心者なら)僕らはSNSでものを買う

僕らはSNSでものを買う

まず、SNSマーケ初心者におすすめなのが「僕らはSNSでものを買う」です。

一昔前まではWebマーケティングと言えば、Google・Yahoo!など検索エンジンを

使った集客手法が一般的でしたが、昨今ではスマホ(とSNS)の普及により

Twitter・InstagramなどSNSを使ったマーケティングは重要度を増してます。

わにま
SNSアカウントを使って、顧客と直接コミュニケーションを取る企業も増えてるよね。

そんな"SNSマーケティング"について、基本的な考え方が学ぶことができて

「対談形式」で話が進むので、Webマーケ初心者の方でも読みやすいと思います。

 

(TikTok)最強のSNSは中国から生まれる

TikTok 最強のSNSは中国から生まれる

次はSNSの中でも、TikTokについて学べる「最強のSNSは中国から生まれる」です。

"最強のSNSは中国から生まれる"という書籍では

TikTokが世界中で愛される理由
TikTokと他SNSとの大きな違い
TikTokとインフルエンサー市場
ショートムービー動画の将来性

など中国で生まれた"TikTokの全貌"について、かなり詳しく解説されています。

YouTubeやInstagramを脅かす勢いで世界中で利用者を増やしてる"TikTok"

今後Webマーケティングで、売上を左右する"重要な施策"になる可能性が高く

これからWebマーケターを目指す方は、今読んでおいて損はないと思います。

また「InstagramのReels」「YouTubeのShorts」など、今話題になってる

"縦長ショートムービー"についても学べるので、SNS担当者にはおすすめです。

 

【2022年最新ランキング】私がおすすめする最強本はこれ!

順位書籍名著者名価格難易度
1位沈黙のWebマーケティング松尾 茂起2,420円★★☆☆☆
2位Webマーケッター瞳の挑戦!村上 佳代・星井 博文1,980円★☆☆☆☆
3位顧客起点マーケティング西口 一希2,200円★★★☆☆
4位沈黙のWebライティング松尾 茂起2,200円★★☆☆☆
5位目からウロコのSEO対策「真」常識柏崎 剛1,859円★★★☆☆
6位リスティング広告 成功の法則阿部 圭司1,523円★★★☆☆
7位最強のSNSは中国から生まれる黄 未来1,650円★★☆☆☆
8位Google AdSense マネタイズの教科書早川 修・a-ki・石田 健介・染谷 昌利1,650円★★☆☆☆
9位コトラーのマーケティング4.0フィリップ・コトラー2,640円★★★★☆
10位マンガでわかるデジタルマーケティング西井 敏恭1,320円★★☆☆☆
11位わかばちゃんと学ぶ「Googleアナリティクス」湊川 あい2,453円★★☆☆☆
12位ネットで「女性」に売る谷本 理恵子1,650円★☆☆☆☆
13位僕らはSNSでものを買う飯髙 悠太1,650円★☆☆☆☆

※2022年1月更新(最新版ランキング)

(30日間無料)Amazon Kindle Unlimited

Webマーケティングの勉強におすすめな本を、ランキング形式で紹介しました。

気になる書籍に関しては、Amazonの"試し読み"機能で是非読んでみてください

またランキングでは「単行本」の値段を記載してますが、Kindle版であれば

更に安く購入出来ますし、スマホでいつでも読めるので非常に便利です。

わにま
Kindle版の電子書籍であれば、無料で読めるのも何冊かあるよね。

>>『Amazon Kindle Unlimited』を使えば、30日間のお試し期間中に

  • Webマーケッター瞳の挑戦!

は無料で読めますし、他にも合計200万冊以上が読み放題になります。

更に>>『Amazon Audible』を使えば、2ヶ月間のお試し期間で

  • 僕らはSNSでものを買う

に関しは、無料で"オーディオブック"としてスマホで聴くことが可能です。

 

【他と比較】Webマーケ本で勉強するメリット・デメリット

次は、Webマーケの勉強に本を活用する「メリット・デメリット」を紹介します。

他の勉強方法と比較した際"劣ってる点"も正直あるので、確認してみましょう。

 

(他教材より)金額が安く挑戦しやすい

まず本・参考書を活用するメリットの一つ目は、やはり「金額の安さ」です。

例えば2~3ヶ月間の短期集中で、Webマーケティングを学べる学校に通う場合

(入学金も合わせ)約15~20万円以上と、かなり高額なお金が必要になります。

その点書籍であれば「1,000~2,000円程度」で、基礎から実務的なスキルまで

幅広く勉強できるので、初めてWebマーケに触れるにはピッタリだと思います。

わにま
オンライン講座を受講する場合も1万~2万円くらいするからお高めなんだよね。

 

(ネット記事より)情報の信頼性が高い

更に、本・参考書の場合は「情報の信頼性が高い点」も大きなメリットと言えます。

実際Webマーケティングに関する"情報"は、ネット記事やYouTube動画を活用すれば

たくさん収集することが出来ますが、今の時代"ネット記事""YouTube"は誰でも

簡単に作成できるので「信頼できる情報か?」慎重に見極める必要があります

すーき
その点書籍であれば、ある程度"信頼性"は確保されるので安心だよね。

今回紹介した書籍は、業界でも知る人ぞ知る"著名人"が執筆されたものばかりで

その方たちが持つ"経験ノウハウ"を、本から吸収することが出来るわけですね。

 

(パソコン不要)隙間時間を活用できる

また「Kindle本」を活用すれば、スマホで本・参考書を読むことが出来るので

(通勤/通学中など)少しの"隙間時間"でも効率よく勉強に使えるので便利です。

Webマーケに関する実践練習に挑戦する場合は、パソコンが必要になりますが

基本的な基礎知識の理解であれば、本から十分インプットすることが出来ます。

特に忙しい社会人の方であれば、

朝出金する前の時間
通勤/通学中の時間
ランチ休憩中の時間
家に帰った後の時間

など時間を有効活用して、スマホで多くの本を読み勉強を進めてみてください

 

(仕様変更で)古い情報が記載されてる

最後に、本・参考書を活用するデメリットは「古い情報がある可能性」です。

Webマーケティング業界は、日進月歩で成長しており、以前は有効だった手法も

6ヶ月くらい経つと"全然役に立たなくなる"というケースが頻繁に起こります。

またネット広告・分析ツールの「管理画面」も、日々アップデートしており

"本に掲載されてるものと仕様が違う"とうことも、書籍の場合よくあります。

わにま
だから可能な限り「発行年が新しいもの」や「改訂版」の本を選ぶようにしてね。

 

【本以外で】Webマーケティングを基礎から学ぶ方法2選!

最後に本・参考書以外でWebマーケティングを勉強する方法を紹介します。

"メリット・デメリット"を比較しつつ紹介するので、参考にしてみてください。

 

(オンライン講座)Udemyを活用する

まず一つ目が、オンライン講座「Udemy(ユーデミー)」を活用する方法です。

Udemyは世界3,000万人以上が利用する、オンライン学習プラットフォーム

Webマーケティングの基礎
リスティング広告の運用
ディスプレイ広告の運用
SEO対策のオペレーション
SNSアカウントの運用
Googleアナリティクスの使い方

など様々なコースがあり、現役Webマーケターの方が詳しく解説してくれます。

Udemyでは"オンライン動画を見ながら学習を進める"というスタイルなので

"活字だけの"本より、内容を理解しやすく、また講師の方に質問も可能です。

更に定期的に実施される「割引キャンペーン中」に、欲しい講座を購入すれば

(約10~15時間以上の講座が)約2,000~3,000円程度と非常にお得になります。

 

\50%OFF以上の割引キャンペーン/

【Udemy】公式サイトへ

※30日間の全額返金保証が適応されています。

 

(短期間)Webマーケスクールに通う

続いて二つ目が、短期集中で通える「Webマーケスクールに通う」方法ですね。

"Webマーケティングスクール"では、未経験専用のカリキュラムを用意しており

基礎知識の理解から実務的な"運用スキル"まで体系的に勉強が出来ます。

未経験専用のカリキュラム
期間中は講師に質問し放題
受講者同士で切磋琢磨できる
転職支援のサポートがある

の4点が"本を使った独学"より、Webマーケティングスクールが優れてる点で

もちろん料金は高いですが、未経験からWebマーケ業界に転職できるレベルまで

「徹底サポート」してくれるので、転職希望の方には特におすすめですね。

気になる方は一度「無料の個別相談会」に参加し、話を聞いてみてください。

 

未経験者×3ヶ月×オンライン受講→『マケキャン』
女性向け×1ヶ月~×お洒落な教室→『シーライクス』
未経験者×1ヶ月~×コースが豊富→『テックアカデミー』
未経験者×3ヶ月×ネット広告に強い→『デジプロ』

スポンサーリンク



-おすすめ勉強方法

© 2022 Webマーケティングの学校