Webマーケの基礎

【取得済み】Webマーケティングの仕事に資格はいらない?※役に立つシーン3選。

『Webマーケティングの仕事に資格はいらないか?』について徹底解説します。

ホームページの分析
リスティング広告の運用
ディスプレイ広告の運用
SNS広告の運用
SEO対策のオペレーション

など様々な"専門知識・スキル"が必要になる、Webマーケターという職業には

勉強して試験に合格すれば個人で取得できる"認定資格"がいくつかあります。

実際にブログ管理人も、Googleのサイト分析ツール"Googleアナリティクス"の

個人認定資格(Google アナリティクス個人認定資格)を既に取得してます

わにま
実際"認定資格"を取って、どんな活用シーンがあるのか知りたいな。

そこで今回は、Webマーケティングに関する「個人認定資格」について

  • 取得する意味があるのか?
  • 実際の仕事で役に立つか?
  • 転職活動で有利になるか?

など業界8年目の"現役Webマーケター"が、体験談も合わせて紹介します。

スポンサーリンク



【結論不要】Webマーケティングで資格が重要でない理由!

まず結論を先にお伝えすると、Webマーケティングの仕事をしていく上で

「資格を持っているか?」は重要でなく取得しなくても全然大丈夫です。

すーき
まずは「なぜ資格がいらないのか?」その理由について解説するよ。

 

(Webマーケの仕事は)知識より経験が大事

なぜ"Webマーケティングの仕事で資格がいらないか"その理由を説明すると

この業界では、知識よりも「実務をこなした経験」の方が重要だからです。

そもそもWebマーケ業界で取得できる"個人資格"は、Webマーケターとして

活動できる「最低限の知識・スキル」を証明するものでしかありません。

わにま
Webマーケターは、むしろ"知識・スキルを身につけた後"が大事なんだよね。

例えばGoogle広告・Yahoo!広告など、ネット広告の基礎的な仕組みを理解し

配信手続きを進めること自体は、少し調べて勉強すれば誰にでもできます

ただWebマーケターの仕事は「ネット広告を使って売上を伸ばすこと」なので

単に"広告の使い方"だけでなく、結果を出す"ノウハウ"が必要になります。

 

「個人のノウハウ」をどれだけ増やせるか?

ですのでWebマーケの個人資格を取得すること自体、悪いことではありませんが

その勉強に時間を費やすくらいなら個人で"実務経験"を積む方がおすすめです。

例えば

ブログを開設し情報発信してみる
Twitter/InstagramなどSNSを運用

などWebマーケでは、会社に所属していなくても出来ることがたくさんあります。

もちろん上手くいかないことも多いですが、自ら試行錯誤した結果

  • ブログで○○PVアクセス数を獲得
  • Instagramでフォロワー〇人獲得

など"実績を作る"ことが出来れば、業界未経験からの就職/転職はもちろん

Webマーケ業界でのキャリアアップでも、個人資格の何倍も役に立つでしょう

このようにWebマーケターは、幅広い知識・スキルを持っているかどうかより

「それらを活用し、どんな実績(結果)を作ったか?」の方が重要視されます。

わにま
YouTube用の動画編集は勉強すれば誰にでもできるけど、チャンネル登録数を増やすのは簡単ではないのと同じだね。

 

【経験済】Webマーケの仕事で資格が役に立ったシーン3選

ここまで「Webマーケに関する個人資格が重要でない理由」を解説しましたが

もちろん資格を持っていたことで多少役立ったシーンはいくつかあります。

 

(新しい)クライアントを対応し始める時

例えば、Webマーケターとして「新しいクライアントを対応し始める」シーンです。

Webマーケティングの仕事では、SEO対策・ネット広告運用など様々な分野に関して

"お客様と直接やり取り"し、売上を伸ばせるよう対応を進める流れになるのですが

個人資格を持っていると最初「信頼を得やすい」というメリットがありました。

すーき
例えば"ネット広告の資格"を持ってると、安心して広告運用を任せられるよね。

特にWebマーケティングで携わるクライアントは、IT/Webに詳しい人ばかりではなく

最初名刺を渡したとき「資格に対する反応が良かった」というのは正直ありました。

もちろん"資格を持ってる=結果(売上)を出せる"というわけでは決してないので

その後の対応次第ではありますが、特に"年齢が若い新人Webマーケター"の方なら

新規営業・新しいお客様の対応時に、役立ってくれるシーンは多いと思います。

 

(社内での)昇給/昇進のためのアピール

続いて、Webマーケ会社に就職した後「昇給・昇進のアピール材料」になります。

Webマーケ会社の中には、Google広告認定資格・Googleアナリティクス認定資格など

"個人資格の取得"を推奨している会社が多く、私自身も上司から勧められました。

例えば

Google広告認定資格を社員全員が持っている
Googleアナリティクス認定資格が100人在籍

など個人資格は"会社のアピールポイント"にもなるため、勉強し資格を取得すれば

社内での「人事評価」で役立つ可能性は高く、給料アップも十分目指せるでしょう。

すーき
資格を持ってる社員が多く在籍してる会社なら、企業も安心して任せられるね。

また個人資格を持っておくことで、分からない点を質問されたり社内で重宝されて

"新しいプロジェクトに参画"できたりと、貴重な経験を得ることも出来ました。

 

(経験済み)転職活動時に役に立ったか?

ちなみに私自身、Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)の資格を持っており

そのことを履歴書に書いて"Webマーケ会社への転職活動"をしてたことがあります。

その際「個人資格が役に立ったか?」正直にお伝えすると、私の場合は役に立たなかったです
おんじ

もちろん会社にもよると思いますが、Webマーケティング会社の採用担当や社長は

「個人資格は、最低限の知識・スキルを証明するものであること」を理解してるので

あまり触れられることもなく、むしろ"今までの実績"を重点的に聞かれました。

今までどんな案件に携わったか?
その案件で売上を伸ばせたのか?

の方が人事担当や社長にとっては、採用するか判断する"重要な指標"になるので

(個人資格の数より)実務経験の数の方が、転職活動で役立つ可能性が高いです。

 

「業界未経験者」に資格取得はおすすめ?

ここまでの内容を踏まえて、Webマーケ業界未経験の方に資格取得はおすすめか?

私の意見としては「あって損はないが、優先すべきことではない」と思ってます。

そもそもWebマーケティングの資格は、国家資格ではなく全て"民間資格"なので

「資格を持っていなければ、業務が携われない」というわけではありません。

わにま
あくまで"Webマーケの基礎知識・スキルの証明"として役立ってくれるものだよね。

Webマーケ業界未経験の方であれば、転職活動時の"武器"として取得しておくのも

決して悪くないですが、その時間があるなら、個人でブログ・SNSを運営する方が

Webマーケの知識も身につきますし、実務経験を積むことが出来るのでおすすめです。

スポンサーリンク



【転職者におすすめ】Webマーケティングの人気資格を紹介

ここまで解説したように、Webマーケティング業界においては個人資格よりも

"実務的な経験・ノウハウ"の方が、転職活動時でも大いに役立ってきます。

ですが念のため資格を持っておきたい方なら以下4つが特におすすめですね。

 

(Googleアナリティクス)個人認定資格

まず一つ目が「Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)」という個人資格です。

GAIQは"Googleアナリティクス"という、Googleが提供する「サイト分析ツール」の

専門的な知識・分析スキルを証明するためのもので、無料で取得することが出来ます。

「アナリティクスアカデミー」という、専用の学習カリキュラムも用意されており

初級者向けコース
上級者向けコース
360入門コース
Googleタグマネージャー基礎コース

のようにレベル別で分けられているため、初心者の方でも使い方をマスター可能です。

Googleアナリティクスは、Webマーケ業界で仕事をするなら"必須の分析ツール"なので

資格を取らないとしても、アナリティクスアカデミーで勉強しておくのがおすすめです。

 

(ネット広告運用)Google広告認定資格

続いては、Google広告の運用スキルを証明できる「Google広告認定資格」ですね。

Google広告認定資格は

検索連動型広告
ディスプレイ広告
動画広告
ショッピング広告
Googleアプリ広告

など"Googleで配信できる広告手法"に関して、基礎~上級レベルのテクニックまで

マスターした「プロフェッショナル」であることをアピールできる資格と言えます。

Google広告運用もWebマーケターとして仕事をするなら、必ず携わることになるので

例えば"Web広告代理店に転職したい"という方であれば、取得して損はないと思います。

わにま
Google広告認定資格も、無料で勉強→資格取得まで出来るんだよね。

"履歴書に記載"することが出来るので、転職活動時のアピールポイントになるでしょう。

 

(高度なサイト分析能力)ウェブ解析士

続いては、高度なサイト分析スキルを証明できる「ウェブ解析士」という資格です。

ウェブ解析士は"一般社団法人ウェブ解析士協会"が発行してくれる資格

  • ウェブ解析士
  • 上級ウェブ解析士
  • ウェブ解析士マスター

のようにレベル別で分かれており、GAIQより"より高度な分析スキル"を証明できます。

ユーザー分析
市場分析
競合分析
自社分析
新製品開発
宣伝方法

などWebマーケティング戦略の立案→実行から、その後の分析(効果検証)に至るまで

一通りマスターする必要があり、またウェブ解析士の資格試験は"有料"になってます。

「ウェブ解析士の資格」は、実際にWebマーケターとして"実務的な経験を積んだ後"に

より専門的な知識を身につけるため勉強に挑戦してみる流れの方が良いと思います。

 

(検索エンジン最適化スキル)SEO検定

最後は、SEO対策に関する知識・実務スキルを証明できる「SEO検定」についてです。

そもそも"SEO対策"とは、Google・Yahoo!のような検索エンジンで、自社サイトを

1位(もしくは1ページ目)に表示させる技術的なテクニックのことを指すのですが

▼サイト内部

タイトルタグの最適化
見出しタグの最適化
サイト構成の最適化
ページ表示速度の改善

▼サイト外部

被リンクの獲得
SNSシェアの獲得
Google"EAT"対策

など様々な"改善を実施する"必要があり、幅広い知識・スキルが必要になってきます。

わにま
その"改善するのに必要な知識・スキル"を証明できるのが、SEO検定なんだね。

"一般社団法人全日本SEO協会"が提供する、SEO検定は

  • 1級:ソーシャルSEOとモバイルSEO
  • 2級:コンテンツSEOと外部最適化
  • 3級:キーワードリサーチと内部最適化
  • 4級:SEO対策の基礎知識

のように難易度別で分かれておりウェブ解析士と同じく"有料で"受験が必要です。

「SEO対策」もWebマーケティングの仕事において、携わる可能性が非常に高いので

例えば"ホームページ制作会社"に転職したい方なら、取得して損はないと思います。

 

【未経験から】Webマーケティングの仕事を勉強する方法!

ここからは「Webマーケティングの実務スキルを身につける方法」を解説します。

転職活動時に"資格取得"より大いに役立つので、是非参考にしてみてください。

 

(本・参考書で)Webマーケの基礎を学ぶ

沈黙のWebマーケティング

まず最初は本・参考書を活用してWebマーケの大まかな概要を理解しましょう。

この段階では"分析ツールの使い方"など、実務的なスキルを習得する必要はなく

あくまで「Webマーケティングの仕事の流れ」を大まかに把握するだけでOKです。

例えば、初心者の方であれば"沈黙のWebマーケティング"という書籍がおすすめで

漫画形式でストーリーが進むので、内容を楽しみつつスラスラ読み進められます。

すーき
この段階で「Webマーケティングに興味が持てるか?」判断すると良いね。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティング勉強におすすめ本13選』をご覧ください。

 

(Udemyを使い)実務スキルを身につける

そして本を活用し、Webマーケティングに関する基礎的な概要を理解した後は

オンライン講座「Udemy」を使って、実務的なスキルを習得するステップです。

世界3,000万人以上で利用される、オンライン学習サービス"Udemy"では

Webマーケティングの基礎
リスティング広告の運用
ディスプレイ広告の運用
SEO対策のオペレーション
SNSアカウントの運用
Googleアナリティクスの使い方

など様々な講座があり、現役Webマーケターが分かりやすく解説してくれます。

実際にパソコンの画面を共有しつつ、カリキュラムに沿って教えてくれるので

"完全初心者の方"でも体系的に勉強に取り組めるというメリットがあります。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティング勉強におすすめUdemy講座』をご覧ください。

 

(副業に挑戦)ブログ・SNSを運用しよう

そしてある程度"基礎知識・実務スキル"が身についたら、次は実践に入ります。

先ほど紹介したように、Webマーケティングの仕事では"資格を持っているか"より

「どのような経験・実績があるか?」の方が重要で、転職活動でも評価されます。

例えば、ブログ・SNS運営で上手く"収益化する仕組み"を構築することが出来れば

"稼ぎながら"Webマーケを勉強することも十分可能なので、挑戦してみてください。

わにま
月1万円でも収益が得られていれば、転職活動時にアピールできるんだよね。

もちろん上手くいかないこともありますが、そこで経験できた"失敗の数"

会社に入ってWebマーケターとして活動する際も、大きな財産になると思います

 

※より詳しくは>>『Webマーケティングの独学勉強法(無料で稼ぐ編)』をご覧ください。

 

(未経験もOK)Web広告代理店に転職する

そしてブログ・SNSで経験を積んだ後は、実際に転職活動を始めていきましょう

Webマーケティング会社の中には、適正次第で"未経験からでも"採用してくれて

一から育ててくれるケースも多く、一度選考を進める価値は十分あると思います。

例えば

求人数が圧倒的に多い>>『リクルートエージェント』
Webマーケティングに強い>>『マスメディアン』

などIT/Web業界に強い転職エージェントに、一度相談してみるのがおすすめです。

もしWeb広告代理店などに就職できれば、社内の様々なノウハウを収集できますし

お客様に携わる中で、自分自身の"スキル・ノウハウ"を更にアップデートできます。

 

(短期集中)Webマーケティングスクール

もし未経験からだと内定獲得が難しく、早く転職活動を進めたいという方であれば

2~3ヶ月短期集中の「Webマーケティングスクール」に通うという方法もあります。

Webマーケスクールでは、未経験者専用の"学習カリキュラム"を用意してくれており

「専任コーチの方」が日々の学習管理など、マンツーマンでサポートをしてくれます。

わにま
お金はかかるけど、その分、短期間で"実務的なスキルを習得"できるんだよね。

例えば、大手IT企業DMMのグループスクールである「マケキャン by DMM.com」では

3ヶ月の短期集中で学習を進められ、更に"転職サポートの支援"まで行ってくれます。

気になる方は「無料カウンセリング」に申し込み、相談してみるのがおすすめです。

スクール名マケキャン
特徴未経験者の指導に強い
受講期間3ヶ月
入会金無料(期間限定)
料金(分割)31,900円~
返金保証あり(20日間)
場所オンライン完結
カウンセリングあり(無料)

 

\受講生の70%が年収アップを実現/

【公式】マケキャンを体験

※完全無料で、個別カウンセリングが受けられます。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティングスクールおすすめ8校を比較』をご覧ください。

 

【要約】Webマーケターには資格の数より大事なことがある

ここまで「Webマーケティングの仕事に資格は必要か?」詳しく解説してきました。

この記事のまとめとして

資格を持っておいて損はないが、転職では役に立たない。

資格を持ってることと、稼げるかどうかは全く別の話。

というのが"結論"で、貴重な時間をWebマーケの個人資格取得の勉強に費やすなら

独学でブログを運営したりたくさんの失敗の経験を積む方が何倍も役立ちます

Webマーケティングは個人でも、あまり"初期投資をかけずに"挑戦できるので

是非実際にやってみて、お金を稼ぎつつ様々な"実務スキル"を身につけましょう。

スポンサーリンク



-Webマーケの基礎

© 2022 Webマーケティングの学校