Webマーケの基礎

【違い】WebマーケターとWebエンジニア!※マーケティングを学ぶべき理由4選。

『Webエンジニアもマーケティングを学ぶべき理由』について解説します。

昨今Webエンジニアの方で、自信のスキルアップのために

(本来Webマーケターの仕事である)マーケティングを勉強する方が増えています。

わにま
マーケティングの知識があれば、転職にも有利になるんだね。

今回はWebマーケターとWebエンジニアの仕事内容の違いや

マーケティングを勉強して得られるメリットなど紹介します。

Webエンジニアの方で、新しくマーケの知識を身につけたい

という方は、是非この記事を参考にしてみてください。

 

【比較】WebマーケターとWebエンジニアの違いを紹介

まずはWebマーケターと、Webエンジニアのそれぞれの仕事について

「どのような違うがあるのか?」簡単にチェックしてみましょう。

 

Webマーケターの「仕事内容」

仕事内容

(検索エンジン最適化)SEO対策・MEO対策の実施
(Google・Yahoo!など)リスティング広告の運用
(Facebook・Instagram・YouTubeなど)SNS広告の運用
(Googleアナリティクスを使った)ホームページ分析

まずWebマーケターがこなす仕事には、たくさんの種類があるのですが

簡単に説明すると

企業の売上を伸ばすための、Web戦略を考えて実行する統括リーダー

のポジションで、日々の仕事に取り組みます。

Google・Yahoo!・Instagram・Twitterなど、どのような広告を使えば

効率的に見込みの高いお客様を集客できるか?考えて実行していきます。

すーき
そして毎日データを見ながら、改善を繰り返す仕事だよね。

Webマーケティングの良い所は、ネット広告やホームページなど

全てデータが取れるので、自分なりに仮説を立てて検証する

そして上手くいなかければ改善、これをひたすら繰り返します。

 

Webエンジニアの「仕事内容」

このようにWebマーケターは、企業のWeb戦略に対して上流工程から

携わることが出来るので、もちろん大変ですがやりがいがあります。

それに対してWebエンジニアは、システム構築のプロジェクトに対して

プロジェクトリーダーの指示のもと細分化された仕事をこなしていきます。

すーき
つまりWebエンジニアは、仕事が限定的になってしまうんだね。

どのようなWebサービスを開発するにせよ、そのサービスを利用する顧客に寄り添い

サービスの検証・改善を繰り返していくのは、とても重要な作業です。

もしWebエンジニアの方で、Webマーケティングの知識を身につければ

サービスの開発から、その後の運用まで、一貫して携わること出来るわけですね。

 

「Webマーケター」は成果主義

このような魅力があるWebマーケターにも、大変な部分があります。

それはシステムの構築がゴールとなるWebエンジニアとは違い

Webマーケターはゴールがなく、常に結果が求められ続けます

すーき
Web戦略の統括リーダーだからこそ、責任は重大なんだね。

クライアントの売上を、どれだけ伸ばすことが出来るか?」が

Webマーケターの使命なので、常に新しい広告手法など勉強を続け

現状よりより良くなるように、改善をし続ける必要があります。

 

【4選】Webエンジニアがマーケティングを学ぶ理由!

より具体的にWebエンジニアが、Webマーケティングを学ぶことで

得られるメリット、どのように活用できるか解説していきます。

 

「市場分析スキル」が身につく

まずWebエンジニアの人が、Webマーケティングについて勉強し

「市場の分析・顧客のニーズ分析」など、自身で出来るようになれば

その内容を、実際のシステム開発に活かせるようになります。

わにま
Webマーケの知見がある、Webエンジニアって希少だよね。

またWeb戦略の組み立て自体は、基本的にマーケターの仕事なのですが

Webマーケティングの知識を持つWebエンジニアがいてくれれば

よりプロジェクトを、円滑に進められるようになると思います。

 

(制作と)Web広告の運用スキル

またWebマーケティングについて学べば、Google・Yahoo!の検索広告や

Facebook・Instagram・TwitterなどのSNS広告、YouTubeの動画広告など

インターネット広告の運用スキルを身につけることも出来ます。

どのようなWebサービスであれ、ネット広告やSEOなどを上手く活用し

そのWebサービスを使用する人々を、集客する必要があります。

すーき
Webマーケを学べば、制作から広告まで一貫して対応できるんだね。

 

(希少)昇給・昇格がしやすい

このようにWebエンジニアの方が、Webマーケティングについて学ぶと

市場価値は一気に高まり昇給/昇格の際にとても有利になると思います。

サービスの開発だけでなく、どのようにプロモーションしていくかも

相談できる人材であれば、社内での昇給は昇格はもちろんですが

転職市場でも他のエンジニアと差別化出来るのではないでしょうか。

すーき
今いる会社で、きちんと実績を作ることが大事なんだね。

 

(個人で)副業にも取り組める

そしてWebマーケについて学ぶと、社内での昇給/昇格や転職以外でも

個人で副業に取り組み独立を目指すという選択肢もできます

例えば自身でブログを立ち上げたり、SNSで情報発信をしたり

Webサービスを開発してネット広告で集客してみるのも良いでしょう。

すーき
実際私も、ブログ収益で独立することが出来ました

「将来的に起業してみたい」という、Webエンジニアの方であれば

少しずつでも、Webマーケの手法について学ぶことをおすすめします。

 

【魅力】Webマーケターは市場価値が高まる可能性あり

ここからは、Webマーケターの将来性について少し解説していきます。

「Webマーケの仕事は、今後なくならないのか?」気になる方はチェックしてみてください。

 

(拡大)ネット広告市場の拡大!

参考:2019年 日本の広告費(インターネット広告媒体費)

まずインターネットの広告市場についてですが、2015年より右肩上がりで拡大しています。

テレビ・ラジオ・雑誌・新聞など、減少傾向の媒体も多い広告市場で

インターネット広告は順調に成長しており、2019年には2兆1,048億円に達しました。

わにま
2019年に入って、テレビの広告費を上回ったんだよね。

コロナ禍で、人々がインターネットに接続している時間が増えたことで、

更に伸びる可能性がある市場で、スキルを身につける価値は十分あると思います。

 

「デジタル人材」が不足した現状

参考:9割以上のマーケターが社内の人材不足を実感

また、このようにインターネット広告市場は伸び続けているのに

「Webマーケティングに詳しい人材」が不足しているのも事実です。

ネット広告の運用スキルや、ホームページの分析スキルなど

スキルを持つ人材は、なかなか転職市場でも見つからないので

未経験から採用し一から育てていくというケースが多いです。

すーき
だからWebマーケターは、転職市場でも有利なんだね。

 

※より詳しくは>>『(未経験者向け)Webマーケティングの将来性を考察。』をご覧ください。

 

【未経験OK】Webマーケティングを学ぶ具体的な方法!

最後にWebエンジニアの方が、基礎からWebマーケティングを学ぶ

具体的に勉強方法について、現役で活動するブログ管理人が紹介します。

すーき
未経験の方向けに、分かりやすく解説していくよ。

 

(短期)Webマーケ専門スクール

まずWebエンジニアの方で、今の会社に勤務しながら基礎の基礎から

Webマーケティングについて学ぶなら専門のスクールに通うのがおすすめ

最近では未経験者向けに、ネット広告やホームページの分析など

短期集中で教えてくれる、Webマーケ専門スクールが人気になっています。

わにま
例えば『マケキャン』などは、人気なスクールの一つだね。

マケキャンはWeb業界大手の、DMM.comが運営するサービスなのですが

転職保証付きで、3ヶ月という期間でWebマーケターを目指していきます。

もし気になる方は、一度無料カウンセリングで話を聞いてみてください

スクール名マケキャン by DMM.com
特徴未経験者の指導に強い
受講期間3ヶ月
入会金無料(期間限定)
料金(分割)31,900円~
返金保証あり(20日間)
場所オンライン完結
カウンセリングあり(無料)

 

\受講生の70%が年収アップを実現/

【公式】マケキャンを体験

※完全無料で、個別カウンセリングが受けられます。

 

(本を使って)まず独学で挑戦!

沈黙のWebマーケティング

まずは、参考書などを活用して少しずつWebマーケターを勉強したい方なら

『沈黙のWebマーケティング』のような、初心者向けの本を読んで

Webマーケティングの概要を理解していくのが、個人的におすすめです。

すーき
沈黙のWebマーケティングは、漫画で書かれてるので読みやすいよ。

ただ独学の勉強になると、分からない点を相談する人がいないという

デメリットがあるので、もし誰かに不明点を相談したいという方であれば

ブログの公式の「無料質問コーナー」を用意してるので、活用してみてください。

ブログ管理人である私が、誠心誠意対応させていただきます
おんじ

 

\Webマーケについて相談受付中!/

【公式】LINEで質問する

※完全無料で、24時間以内に必ず質問に回答します。

 

(ブログ)自社サービスを作る

次にWebマーケティング手法について、やりながら勉強できるのが「ブログ」です。

「ブログの運営」は記事を書く、ライティングスキルはもちろん

  • SEO対策の実施スキル
  • ホームページの分析スキル
  • 各種SNSの運用スキル

など様々なWebマーケティングにおけるスキルを、身につけることが出来ます

わにま
ブログの運営は、あまり費用がかからないのも魅力だよね。

基本的には「ドメイン・サーバーの維持費」くらいで、あまりお金をかけず

始められるので、こちらもWebマーケの勉強にはピッタリだと思います。

 

(未経験可)Web事業会社に就職

最後にWebエンジニアの方で、本格的にWebマーケを勉強されたい方は

Web広告代理店などの事業会社に転職して、スキルを身につけるのもおすすめ。

もし未経験から、Webマーケティング業界に挑戦したいという方

のような転職エージェントに、一度キャリア相談をしてみてください

  • どのような会社があるのか?
  • どのような職務内容なのか?

丁寧に教えてくれるので、転職活動に大きく役立つと思います。

 

-Webマーケの基礎

© 2021 Webマーケティングの学校