おすすめ勉強方法

【初心者専門】Webマーケティングの独学勉強法!※無料で稼ぐスキルを学ぼう編。

『未経験者向けWebマーケティングの独学勉強法』について徹底解説します。

SEO対策・ネット広告・SNS・サイト分析など、様々な知識・スキルが必要な

Webマーケターという仕事ですが、最近では「個人でも稼げる職業」として

徐々に人気になりつつあり、一から勉強に挑戦する人が増えてきています

すーき
完全初心者なら、具体的にどんな手順で学べば良いか知りたいな。

そこで今回は

①基礎からWebマーケティングを勉強する方法
②Webマーケティングを活かしお金を稼ぐ方法

について、現役Webマーケターの"私の体験談"も合わせて紹介します。

Webマーケの知識・スキルを習得する方法の中には、完全無料で使える

"専用講座"もたくさんあるので、是非気軽に挑戦してみてください。

スポンサーリンク



【基礎編】Webマーケティングを独学で勉強する3ステップ

それでは最初に「基礎からWebマーケティングを勉強する方法」を紹介します。

"初心者の方でも取り組みやすい"手順なので、是非参考にしてみてください。

 

(全体像を理解)本・参考書を活用する

沈黙のWebマーケティング

まずWebマーケを勉強する最初のステップは、大まかな"全体像を理解"すること。

Google・Yahoo!・Twitter・Instagramなど、様々なWebサービスを活用するのが

Webマーケティングであるため、難しく感じる人も多いですが

基本的には

  1. ホームページに集客する
  2. ホームページを改善する
  3. リピーター獲得施策を行う

"3種類"しかやることはなく、これらを繰り返すのが主な仕事となります。

わにま
まずは"Webマーケティングの全体の流れ"を、本・参考書で学ぶんだね。

書籍であれば1冊"1,000~2,000円程度"なので、気軽に挑戦しやすいですし

そもそもWebマーケティングに興味を持てるかどうか?

ご自身の適正を判断するにも丁度良いので、まずは1冊読んでみてください。

ブログ管理人のおすすめは"沈黙のWebマーケティング"という書籍ですね。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティング勉強におすすめ本13選』をご覧ください。

 

(ツールの使い方)Udemyを活用しよう

そして大まかな概要を理解した後、Webマーケの"実務スキル"を身につけます

そもそもWebマーケターの仕事は

ホームページの分析
リスティング広告の運用
ディスプレイ広告の運用
SNS広告の運用
SEO対策のオペレーション

など非常に"対応すべき領域"が広く

Googleアナリティクス
Googleタグマネージャー
Googleサーチコンソール

など様々なツールを扱うので、座学での"知識のインプット"では不十分

「実際にツールを使いこなして作業を行う」実践経験が必須となります。

わにま
管理画面を使って、分析をしたり"体験"するのが大事なんだよね。

このWebマーケティングの"実務スキル"を、基礎から体系的に身につけるなら

オンライン講座「Udemy」を活用して、勉強してみるのがおすすめです。

UdemyではSEO対策・ネット広告・SNS運用など、様々なジャンルの講座を

2,000~3,000円程度(約10時間)で視聴できるので、コスパ的にも最強です。

 

\50%OFF以上の割引キャンペーン/

【Udemy】公式サイトへ

※30日間の全額返金保証が適応されています。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティング勉強におすすめUdemy講座』をご覧ください。

 

(実践編)とにかく経験を積み重ねる!

▼企業の仕事を受ける

Webライティングの仕事
SNSアカウント運用の仕事
ネット広告運用の仕事
SEO対策(改善)の仕事

▼個人で情報発信する

個人でブログを運営する
個人でSNSを運営する

そして、Webマーケに関する"基礎的な知識・スキル"を身につけた後は

とにかく実際にやってみて経験を積み重ねるのが最後のステップです。

Webマーケ業界は"個人の経験値(ノウハウ)"が大事になる世界なので

"実践で得られた経験"は、今後キャリアを進める上で必ず役に立ちます。

Webマーケティングの経験を積む方法は

  1. 企業の仕事を受ける
  2. 個人で情報発信する

の2種類のどちらかで、ご自身の適正に合わせて挑戦するのがおすすめです。

もちろん最初は上手くいかないことも多いですが、試行錯誤を繰り返して

得られた"知見・ノウハウ"が、今後Webマーケターとしての財産になります。

すーき
例えばInstagramを運用し"フォロワーを増やす"のも、Webマーケターとして貴重な経験の一つだよね。

 

【実践編】Webマーケティングで稼ぎながら学ぶ7ステップ

ここからは"実践編"で、Webマーケを活用し「収益を得る方法」を紹介します。

私が一番おすすめしている、お金を稼ぎながら学ぶ方法は「ブログ運営」です。

ブログ運営は

市場・競合調査
SEO対策の実施
Webライティング
ホームページ分析
SNSアカウント運用
ネット広告の配信

などWebマーケに必要なスキルを、総合的に鍛えられるメリットがあります。

 

(ワードプレス)ブログを開設しよう

  1. サーバーをレンタル
  2. ドメインを取得する
  3. WordPress導入する

まずブログを始める場合、最初に"ブログを開設するための手続き"が必要です。

手続きは大きく分けて3ステップあり、①レンタルサーバーの申し込みをする

②ドメイン(任意のURL)を取得する③ドメインにWordPressをインストール

もし手続きに不安がある"初心者の方"は、最初レンタルサーバーを選ぶ段階で

>>『ヘテムル(heteml)』を選ぶと、①→③まで簡単に進めることが出来ます。

わにま
ヘテムルは、特に"ブログ初心者の方"に選ばれてるレンタルサーバーだよね。

またWordPress(ワードプレス)は、プログラミングなどの専門知識がなくても

無料でブログが開設できる"便利なツール"で、記事を書くとき非常に便利です。

一旦WordPressのインストールまで終わったら、ブログの「準備編」は終了です。

 

(テーマを決めて)記事を書いてみる

  1. ブログテーマを決める
  2. キーワードを選定する
  3. 早速記事を書いてみる

ブログ開設まで終わったら、記事を書く前に"ブログのテーマ"を考えてみます。

テーマについては"自分の好きなこと・得意なこと"など、何でもOKなのですが

「興味を持って書き続けられるジャンルか?」を判断基準に選んでみてください。

そして次に、そのテーマに関係がある"キーワード"をいくつか探してみましょう。

一例

テーマ→英語学習のブログ
キーワード→「英語勉強 本」
キーワード→「英語勉強 アニメ」
キーワード→「英語勉強 ドラマ」

このようにテーマ・キーワード選定まで終われば、早速記事を書いていきます。

記事を書く時は、Googleでキーワードを実際に検索し他の記事も参考にしつつ

そのキーワードを、検索した人が持つ「悩み(ニーズ)」を解決できるような

"簡潔で分かりやすく"まとまった記事になるよう、意識して書いてみてください。

すーき
これが所謂「SEO対策」で、Googleで上位表示されるために大事なんだよね。

 

(アナリティクス)サイトを分析する

そして徐々に記事が増えてくれば、専用ツールで"ブログを分析"してみます。

分析ツールは"Googleアナリティクス"と"サーチコンソール"の2種類があり

  • サーチコンソール:サイトに"入る前"までの分析
  • Googleアナリティクス:サイトに"入った後"の分析

という違いがあるのですが、Googleアナリティクスの場合は

今月のアクセス数(PV数)は?
Twitter経由のアクセス数は?
最もよく見られてるページは?
ページ滞在時間は約何分間か?

など"ブログに入った後"の、ユーザー行動を全て分析することが可能です。

そしてサーチコンソール

各キーワードで現在順位は何位なのか?
各キーワードで何件アクセスがあるか?

など"ブログに入る前"の、SEO対策に必要なデータを全て確認できます。

 

(分析結果を元に)記事をリライト!

このGoogleアナリティクスとサーチコンソールの"分析結果"をもとにして

記事をリライトしたり改善案を考えて→実行するのが次のステップです。

もしも狙ったキーワードで、記事の順位が思うように伸びていない場合

記事が読みにくい
情報が足りてない
運用歴がまだ浅い

など様々な要因が考えられますが、一つ一つ検証するのも大事な仕事です。

私自身が実際にやって効果があった、リライトの事例を一つ紹介すると

  • SEOの順位が伸びない
  • ページ滞在時間も短い

記事内に、記事の内容を簡潔にまとめた"YouTube動画"を埋め込んだ結果

滞在時間が長くなり・SEO順位も大幅に伸びた、というケースがありました。

わにま
工夫次第で数値が良くなることも多いので、記事のリライトって大事なんだね。

 

(Googleアドセンス)広告収益で稼ぐ

  1. アドセンス審査の申し込み
  2. 専用管理画面からタグ取得
  3. タグをブログ内に設置する

そして改善を繰り返しアクセス数が増えれば、ブログに"広告を掲載"します。

ブログに広告を掲載し、収入を得る方法は

  1. Googleアドセンス
  2. アフィリエイト

の2種類があるのですが"両方とも掲載できる"ので、手続きを進めましょう。

まず「Googleアドセンス」は、ブログの指定箇所を"Googleの広告枠"として

提供することで、記事が読まれる度にGoogleからお金がもらえる仕組みです。

イメージとしては、自分のYouTube動画内に"3秒スキップの動画"を掲載して

その再生回数分だけ収入を得られる、YouTuberの人と収益の仕組みは似てます。

すーき
YouTubeは動画が再生される度に、ブログは記事が読まれる度にお金が発生するんだね。

厳密には"記事内の広告がクリック"された時、運営者にお金が入るのですが

YouTubeと同様に視聴数が多いほど、多くの収益を得ることが出来るわけです。

 

(成果報酬)アフィリエイトで稼ぐ!

  1. 各種ASPで審査の申し込み
  2. ブログに掲載する商品探し
  3. その商品専用のタグを取得
  4. タグをブログ内に設置する

そして、ブログから収益を得るもう一つの方法が「アフィリエイト広告」です。

アフィリエイトは"成果報酬型広告"と呼ばれ、Googleアドセンスと比較すると

  • Googleアドセンス:広告のクリック⇒報酬発生
  • アフィリエイト:紹介した商品の購入⇒報酬発生

という違いがあり"商品購入"が発生した時、初めて収益を得られる仕組みです。

アフィリエイトを始めるには、ASPという専用の仲介サービスに登録することで

数多くの"企業案件"の中から自分のブログに合う商品を探すことが出来ます。

広告主:商品を紹介してほしい企業
媒体主(アフィリエイター):広告を紹介する個人
ASP:広告主と媒体主を仲介するサービス

このように"Googleアドセンス"や"アフィリエイト"をブログに掲載することは

収益を得られることはもちろん、Webマーケティングの勉強にも非常に有効です。

わにま
例えばGoogleアドセンスを掲載すれば、ネット広告(ディスプレイ広告)の仕組みを理解できるね。

 

(お金を払い)ネット広告を配信する

最後に、ブログを開設したら「ネット広告の配信」にも挑戦してみましょう。

ネット広告は、Google広告・Yahoo!広告・Facebook広告・Instagram広告など

様々な種類がありますが、ブログ(サイト)を持っていれば配信が出来ます

もちろん広告配信にはお金がかかりますが、1,000円程度の~少額でもOKですし

実際に管理画面を使って配信手続きを行うことで、Webマーケの勉強になります。

すーき
Webマーケ業界では、自分一人で"広告の配信設定"を行う必要があるよね。

ネット広告は

どんなキーワードで配信するか?
画像/動画どちらで配信するか?
男性/女性どちらに配信するか?
どんな年齢層の人に配信するか?

など様々な"設定項目"があり、実際に自分でやってみないと習得が難しいです。

またネット広告を配信してみると、短期間で一気にアクセス数を増やせるので

アフィリエイト案件の成果が増えたり、収益を増やせる可能性も十分あります

そのため"Webマーケの勉強の一環"だと思って、是非挑戦してみてほしいですね。

スポンサーリンク



【大学生向け】無料でWebマーケティングを勉強する方法!

ここからは"完全無料"でWebマーケティングを勉強する方法を紹介します。

大学生など「可能な限り費用を抑えたい方」は、是非参考にしてみてください。

 

(楽しく学べる)YouTube学習でもOK

まずは、Webマーケを教えてくれる「YouTubeチャンネル」を活用する方法です。

無料で視聴できるYouTubeでは、現役Webマーケターの方が

ネット広告の運用
SNSマーケティング
SEO対策オペレーション
アフィリエイト広告
Webマーケ業界への転職

など様々なジャンルについて解説された動画が多く、楽しみながら学べます

YouTubeは良くも悪くも"広く浅い"ので、何か一つの分野をより専門的に

勉強するには少し不向きですが、大まかな概要を理解するのには十分です。

わにま
Webマーケの"気になるジャンル"を勉強するのに、最初に活用するならピッタリだね。

例えば"SNSマーケティング"について興味があるなら、YouTubeで軽く勉強し

興味を持てるようなら、参考書・講座で専門的に勉強するのが良いですね。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティング勉強におすすめYouTubeチャンネル11選』をご覧ください。

 

(Google)デジタルワークショップ

続いても、完全無料で勉強できる「Googleデジタルワークショップ」です。

Googleデジタルワークショップは、Googleが無料で提供する学習サービス

デジタルマーケティングの基礎
オンライン広告でビジネスを宣伝
オンラインでの顧客行動を把握
仕事の生産性の向上

などWebマーケの基礎的理解から、Webサイトで商品を集客→販売する方法まで

幅広い知識・スキルを体系的に習得可能で、初心者の方にもおすすめです。

カリキュラムの内容は"図解"と"テキスト"で、分かりやすく解説されており

認定試験に合格すると「公式認定証」が発行されるので、転職にも有利です

すーき
この「公式認定証」を取得したことは履歴書にも書けるんだよね。

 

(GA分析)アナリティクスアカデミー

次は、同じくGoogleが提供する「アナリティクスアカデミー」についてです。

アナリティクスアカデミーは、Webマーケティングを進める上では必須となる

"Googleアナリティクス"を使ったデータ収集・分析の方法を勉強できます。

初級者向けコース
上級者向けコース
360入門コース
Googleタグマネージャー基礎コース

のようにレベル別で4つのコースが用意されてるので、初心者の方でも安心です。

すーき
"Googleタグマネージャー"も仕事で絶対に使うから勉強しておきたいね。

そして講座を受講した後は、Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

試験に挑戦し合格すれば、公式認定証が発行されて"履歴書"に記載出来ます

私自身も"GAIQ"の公式認定書を持ってるのですが、就職/転職時の面接において

採用担当者に「好印象を与えられる」ので、是非取得してみてほしいですね。

 

(無料講座)ジッセン!オンライン

続いては、アンドデジタル株式会社が運営する「ジッセン!オンライン」です。

ジッセン!オンラインは、Webマーケ学習に特化した"eラーニングサービス"

Webマーケティング
SNS
インターネット広告
EC
データ解析
マーケティング
営業
Web/動画制作

など様々なジャンルに関する、200種類以上のオンライン講座を受講できます。

このサービスは"無料プラン""有料プラン"があり、無料でも利用できますが

視聴できる動画に制限があるので、会員登録をして何個か実際に視聴してみて

有料プラン(月額5,390円)するかどうか、検討してみるのが良いと思います。

 

(ferret)Webマーケティング講座

続いても、完全無料で利用できる「ferret Webマーケティング講座」です。

"ferret Webマーケティング講座"は、国内最大級のWebメディア「ferret」

無料でユーザーに提供してる、オンライン学習プラットフォームなのですが

マーケティング入門
リスティング広告
各種SNS広告
アプリマーケティング
メールマーケティング
Googleアナリティクス

など様々なジャンルについて、専門家が分かりやすく解説してくれてます。

例えばTwitter広告は「Twitter社」がLINE広告については「LINE社」が

動画を監修しているため、教材としてのレベルはかなり高いと思います。

 

(スマホで学べる)Twitterを活用

そしてオンライン講座を受講する以外にも、Webマーケを勉強する方法は

いくつか種類があるのですが、その一つが「Twitterを活用する」ことです。

普段から利用されてる方も多いと思いますが、SNSの一つであるTwitterは

Webマーケティング業界の知識・ノウハウをインプットするのに効果的です。

わにま
有名なアカウントをフォローしておくと、情報収集が出来るわけだね。

例えば"ブログを運営"してる場合、既にブログ運営で結果を出してる人の

Twitterアカウントをフォローしておくと、超有益な情報をゲットできます。

ネット広告運用
SNSアカウント運用
YouTubeの運用
アフィリエイト

など各ジャンルで、有名なTwitterアカウントを以下の記事で紹介してます

ご自身の気になるジャンルのアカウントは、是非フォローしておくと良いですね。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティング担当者におすすめTwitterアカウント12選』をご覧ください。

 

(最新情報あり)Webメディアを活用

最後に「Webマーケティング情報メディア」も定期的に確認してみてください。

Webマーケ業界は非常に変化が激しく常に新しいWebサービスが登場するので

常に"情報収集"を怠らず、新しい知識をインプットする姿勢が求められます。

また「既存サービスの仕様変更」や「他企業の成功事例」を収集するのにも

Webメディアを活用するのは効果的で、普段から見る習慣をつけておきましょう。

例えば

Webマーケティングを広く学べる「ferret」
サイト改善事例が多い「Web担当者フォーラム」
マーケティング全般を学べる「MarkeZine」
海外のSEO情報を知れる「海外SEO情報ブログ」

あたりは多くのWebマーケターの方が、普段からチェックしてるメディアなので

独学で勉強を進める上でも記事を参考にしたり効果的に活用してみてください。

 

【社会人向け】Webマーケを学んで未経験から転職する方法

ここからは業界未経験から、Webマーケティング業界に転職したい方向け

スキルを身につける方法・転職活動の進め方など、詳しく紹介していきます。

 

(業界分析)Webマーケの仕事内容を知る

まず、転職希望の方は「Webマーケ業界を知ること」からスタートしましょう。

そもそも一言で、Webマーケ業界と言っても

ネット広告運用に強い
SNSマーケティングに強い
SEO(MEO)対策に強い
YouTubeの運営に強い
TikTokの運営に強い

など企業によって"特徴"が異なるので、自分がどの分野の仕事に就きたいか?

じっくり考えた上で、求人を探して→応募するという流れが良いと思います。

わにま
最近では"インフルエンサーマーケティングに強い会社"なども増えてるよね。

Webマーケ業界に転職したのに全然やりたいことと違ってた...」と

後で後悔することがないように、この業界研究は大事なステップですね。

 

(IT業界に強い)転職エージェントに相談

次に"仕事に就きたい分野"が決まったら、一度転職エージェントに相談します。

Webマーケ業界では"完全未経験の方"でも、本人の適正次第では採用してくれ

一から育ててくれるケースも多いので、一度挑戦してみて損はないと思います。

例えば

求人数が圧倒的に多い>>『リクルートエージェント』
Webマーケティングに強い>>『マスメディアン』

など"IT・Web業界に強い"転職エージェントであれば、求人案件の数も多いですし

"面接を通過するためのポイント"も熟知してるので、是非相談してみてください。

 

(働きながら通える)Webマーケスクール

もし、未経験からだと転職が難しい・実務スキルを身につけて転職したい方は

短期集中で通える「Webマーケティングスクール」で勉強するのがおすすめです。

Webマーケティングスクールでは、未経験者専用のカリキュラムを用意してくれ

継続的に学習に取り組めるよう、現役Webマーケターが徹底サポートしてくれます。

すーき
オンライン受講はもちろん、教室に通学できるスクールも多いよね。

例えば

未経験者×3ヶ月×オンライン受講→『マケキャン』
女性向け×1ヶ月~×お洒落な教室→『シーライクス』
未経験者×1ヶ月~×コースが豊富→『テックアカデミー』
未経験者×3ヶ月×ネット広告に強い→『デジプロ』

など、各Webマーケティングスクールで"受講期間""カリキュラム"が違うので

気になるスクールをいくつか選び、無料相談会に参加してみるのがおすすめです。

未経験からWebマーケ業界で転職できるよう、履歴書/職務経歴書の添削・面接対策など

「転職サポート」があるスクールも多いので、選考をより有利に進めらると思います。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティングスクールおすすめ8校を比較』をご覧ください。

 

(副業OK)ブログ・SNSを運用してみる!

最後に、あまりお金をかけたくない方・今すぐの転職は未だ考えてない方であれば

この記事で紹介したような、ブログ・SNSアカウントの運用に挑戦してみてください。

ブログやTwittet・Instagramの運用なら、企業で働きながら個人でも取り組めますし

Webマーケに必要な知識・スキルを、実践の中で体系的に身につけることが出来ます。

わにま
しかもブログもSNS運用も、あまりお金がかからないのが魅力だよね。

ブログでPV数を増やすことが出来た
Instagramフォロワーを〇人獲得した
副業で〇円収入を得ることが出来た

などの実績は今後、Webマーケティング業界に転職する時大きな武器になります

個人で得られた"ノウハウ"は転職した後でも、大いに役立ってくれると思います。

 

【独学でも身につく】Webマーケ業界の必須スキルまとめ!

ここまで「Webマーケティングの独学勉強法」について詳しく解説してきました。

最後にまとめとして、今回紹介した方法でWebマーケティングを勉強することで

"独学でも身につく知識・スキル"を紹介するので、チェックしてみてくださいね。

 

(検索エンジン最適化)SEO対策スキル

いちばんやさしい新しいSEOの教本

まず一つ目が、Google・Yahoo!の検索結果で、特定のキーワードを検索した時

自分のブログ(サイト)を、より上位表示させる「SEO対策」のスキルですね。

記事タイトル
記事の文字数
記事の読みやすさ
ブログのデザイン
スマホ対応の有無

などSEO対策は様々なポイントで評価されるため、一つずつ検証していくことで

「どのように対策すれば順位が伸びやすいか?」ノウハウを得ることが出来ます。

 

(GA/サチコ)サイト分析&改善スキル

いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本

続いては、Googleアナリティクスサーチコンソールなど分析ツールを使って

ブログを分析して、適切な"改善案"を考えて実行するスキルが習得できます。

Webマーケティング業界では、ほぼ毎日分析ツールを使って"データ"を確認し

検証→改善を繰り返すことになるので、良い「実践練習」になると思います。

 

(Twitter)SNSアカウントの運用スキル

僕らはSNSでものを買う

そしてTwitter・Instagramなど、SNSアカウント運用スキルも身につきますね。

例えば自ら執筆したブログ記事を、どのようにTwitterでシェアすれば

  • いいね
  • リツイート

がもらいやすいかなど得られた"ノウハウ"は転職後も必ず役立ってきます。

是非フォロワーを増やせるよう、工夫しながらSNSを運用してほしいですね。

 

(購入を促す)Webライティングスキル

沈黙のWebライティング

また、魅力的なコピーを考える「Webライティングスキル」も習得できますね。

Webマーケティングの仕事は

ホームページの文章
ネット広告用の文章
SNSに投稿する文章
メールマガジンの文章

など意外と"文章を考える"シーン"が多く、企業の商品・サービスを売るための

「魅力的なキャッチコピー」を考える能力は、役立つシーンがかなり多いです。

わにま
AさんとBさんが考えた文章で、クリック率が大きく変わることも多いんだよね。

 

(SNS広告含む)ネット広告運用スキル

新版 リスティング広告 成功の法則

最後は、専用管理画面から配信手続きを行う「ネット広告の運用スキル」です。

Webマーケティング会社の多くは、Google・Yahoo!・Twitter・Instagramなど

各種ネット広告は"必ず取り扱ってる"ので、身につけておいて損はありません

ネット広告は

キーワード
広告文
配信地域
年齢層
デバイス
時間帯
男性/女性

など様々な設定項目があるので、より"購入意欲の高いユーザー"をブログに

誘導するにはどうすれば良いか、試行錯誤しながら挑戦してみてください。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティング業界で必要なスキル13選』をご覧ください。

スポンサーリンク



-おすすめ勉強方法

© 2022 Webマーケティングの学校