Webマーケの転職

【低い】Webマーケティング業界の平均年収!※会社員で1,000万円稼ぐ方法あり。

『Webマーケティング業界の平均年収は低いのか』について徹底解説します。

インターネット広告市場の拡大から、昨今少しずつ人気になりつつある

「Webマーケター」という仕事ですが、稼げる職業なのか気になる点ですよね。

わにま
Webマーケターで、年収1,000万稼いでる人もいるんだよね。

今回は、Webマーケティング業界について(他業種と比較した)平均年収

(個人もしくは会社員で)年収1,000万稼ぐためのキャリアプランなど

現役Webマーケターとして活動する、ブログ管理人が詳しく紹介します。

Webマーケティング業界への転職を考えてるが、年収が低いか気になる。

という方向けに解説していくので、是非参考にしてみてください。

 

【実際低いのか】Webマーケティング業界の平均年収を紹介します

年代年収(全体)年収(Webマーケ)
20代348万円365万円
30代444万円462万円
40代510万円527万円

参考:Webマーケターの平均年収(doda調べ)

(全職種平均よりは)平均年収が高い

まず最初に「Webマーケターの平均年収は低いのか?」について解説します。

結論から言うと、全職種平均と比較すると「年収は高い」傾向にあります。

広告営業・SEO対策・広告運用・SNSマーケなど、一言でWebマーケと言っても

様々な職種があるため、働く企業によって多少年収は前後すると思いますが

総じて市場価値が高い(今後高まる可能性がある)職業と言えますね。

すーき
ただWebマーケティング会社の中には、ベンチャー企業も多いよね。

電通・博報堂・サイバーエージェントなど、大手の広告代理店もありますが

現状だとまだベンチャー企業が多い業界なので、他業種の大手企業と比較すると

(ボーナスなど)福利厚生で比較すると見劣りする点もあるかもしれません

ですが、Webマーケティング業界は総じて「実力主義」な企業がかなり多いので

人によっては"歩合"で、普通の会社員以上に稼いでいるという人もいます。

 

(将来性)デジタル人材は不足してる

では「なぜWebマーケ業界は、他業種より年収が高いのか」紹介していきます。

実はWebマーケターという仕事は、ユーチューバーインスタグラマーのように

インターネットが成長するにつれて誕生した職業なのでまだ認知度が低い状況です。

ですので他業種と比較すると、やはり求職者の数自体がそこまで多くないので

  1. 企業は未経験でも採用してくれる
  2. 経験者だと転職市場で重宝される

という状況になっています。

すーき
そもそもWebマーケターの数が少ないから、希少性が高いんだね。

インターネット広告市場自体は2015年から年々成長を続け、2019年には2兆1,048億円に達しました

企業の多くが(テレビや新聞から)オンライン広告にシフトしているということは

その分Webマーケターの数も必要ですが、現状人手不足を感じてる企業が多いです。

参考:9割以上のマーケターが社内の人材不足を実感

 

(会社員)年収を上げる工夫が必要!

このように(他業種と比べれば)比較的、給料が良いWebマーケティング業界ですが

年収1,000万など他の人より、圧倒的に稼ぎたいなら工夫が必要になってきます

これはWebマーケターという仕事に限ったことではないですが

他の人と同じようなスキルを持っただけだと、年収は上がりにくい。

からです。

詳しくは次で紹介しますが、Webマーケ業界で年収1,000万円以上稼ぐのは十分可能だと思います。

しかし「Webマーケターになれば、みんな年収1,000万円稼げる」というわけではないので

年収を上げるために、他のWebマーケターより優れたスキルを身につける工夫が必要です。

わにま
他のWebマーケターより優れた実績があれば、年収をUPしやすいよね。

 

【年収を上げるための】Webマーケティング業界のキャリアプラン

それでは具体的に「Webマーケターとして年収をアップする方法」を紹介します。

Webマーケターという仕事は、会社員・会社員×副業・フリーランスなど

様々な働き方があるので、ご自身の合ったキャリアプランを探してみてください。

 

(Webマーケ会社)経営者層を目指す

まず一つ目は「Webマーケ会社にて経営者層を目指す」というやり方ですね。

経営者層を目指すには、Webマーケティングに関する知識・実績はもちろん

  • 売上計画管理
  • マネジメント
  • 新規事業立案

など「経営サイド」に関する、知識・実績が必要になってきます。

わにま
企業にとっては、売上に大きく影響する重要なポジションだよね。

Webマーケティングの仕事については、正直2~3年働ければ上司から独り立ちし

一人でクライアントの対応が出来るまで、成長することが可能だと思います。

そこで別の会社に転職するのもアリですが、その会社に残り部下をマネジメントし

経営に関するスキルを身につけて、経営者層を目指す方法もあります。

すーき
Webマーケティング会社の多くは、実力次第で昇給出来るんだよね。

年功序列など古い慣習を大事にするWeb会社は少なく、あくまで実力主義

(もちろん結果は求められますが)年下でも上の役職につくことは十分可能です。

実際私が新卒で入社した会社でも、当時27歳という若さで取締役に抜擢された先輩がいました。

 

「大手Web広告代理店」に転職する!

続いて未経験(もしくは新卒で)Webマーケ会社に入り、スキルが身についた後は

年収アップを目指して、大手のWebもしくは総合広告代理店に転職する方法もあります。

例えば電通・博報堂・サイバーエージェントなど、大手の広告代理店の方が

給与面では高い傾向にあり、また大手ナショナルクライアントとの取引も多いので

Webマーケティングに関するスキルアップを目指し、転職する人が多いです。

わにま
大手の広告代理店は、経験者の方が圧倒的に入りやすいよね。
  • ベンチャー企業:個人の裁量が大きく幅広くスキルを磨ける
  • 大手広告代理店:ネット広告予算が大きい大型案件に携われる

のように、それぞれメリットがあるので比較検討してみると良いでしょう。

個人的にはWebマーケ事業を行うベンチャー企業で、幅広いスキルを身につけて

大手広告代理店に転職して、スキルアップを目指すというのがおすすめです。

 

(メーカー等)事業会社に転職する

また、Web広告代理店以外でも「事業会社に転職する」という方法もあります。

事業会社とは簡単に言えば、Web広告代理店の「お客様となる企業」のことで

自社で商品やサービスを提供する会社に、インハウス(内製)で勤務をします。

例えば(EC)通販で商品を販売する企業は、広告代理店に任せることもありますが

社内にWebマーケターを抱えてWeb集客に注力する企業も増えてきています

すーき
Webマーケターは「Web広告代理店」か「事業会社」を選べるんだね。

(EC)通販以外にも、医療・不動産・美容クリニック・転職・学習塾など

Webマーケターを必要する業種はたくさんあり、調べてみると求人も多いです。

事業会社のWebマーケター採用については、Web広告代理店に平均年収よりも

高い金額を出す企業もあり、上手く転職できれば年収アップも可能だと思います。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティング業界のキャリアプラン。』をご覧ください。

 

(フリーランス)独立する選択肢も

最後にWebマーケティングのスキルを身につけた後は、独立する選択肢もあります。

Webマーケターの仕事はパソコン1台あれば取り組めるので、会社でスキルを身につけて

(転職せずに)フリーランスとして仕事を受けて生活している人も多いです。

もちろんスキルや実績が必要だったり、収入が不安定な時期も出てきますが

定額で給料をもらう会社員よりも、フリーランスの方が稼げる可能性は高いです。

実際私も会社員でスキルを磨いた後、個人事業主として独立しました。
おんじ

クラウドワークス・ランサーズ・ココナラなど、最近では個人で仕事を受けられる

副業プラットフォームが増えているので、SEO対策やリスティング広告運用など

Webマーケ会社で身につけたスキルを活かせる仕事は、意外と簡単に探せます。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティングで独立する具体的な手順。』をご覧ください。

 

【副業で】Webマーケティング業界で年収を増やす選択肢もある!

ここまで、Webマーケターのキャリアプランについて紹介してきましたが

収入を増やすなら、会社員・フリーランス以外に「副業」の選択肢もあります

 

(複業)個人でWebの仕事を受ける

"副業解禁"など働き方改革の影響もあり、個人で副業する人も増えてきましたね。

Webマーケティング業界の仕事は、専門スキルを企業に対して提供する仕事なので

初期投資もかからず・在庫も必要ないので、副業するにはピッタリな業界です。

「SEO対策・リスティング広告運用・SNSマーケ・動画編集」など、種類も豊富なので

まずは土日など隙間時間を利用しご自身の得意分野を活かし挑戦してみてください。

すーき
Webマーケティングの副業なら>>『カイコク』がおすすめだね。

株式会社BLAMが運営するカイコクは、Webマーケ専門で仕事を探せるプラットフォーム

(フルリモートOKで)今の会社で働きながら個人で仕事を受けることが出来るので

Webマーケティングの仕事に慣れてきて、収入を増やしたい方には特におすすめです。

 

(自社メディア)ブログを運営する

また、Webマーケの副業に挑戦するなら「Webメディアを運営する」方法もあります。

Webメディアの運営とは、ご自身の得意なこと(好きなこと)について記事を通じて

情報発信することを言い、アフィリエイトなど広告収入で稼ぐことが出来ます。

このブログ(Webマーケティングの学校)も、私が運営するWebメディアの一つです。
おんじ

私自身4年ほどWebメディアを運営していますが、月々20~30万円ほど稼げています。

リスティング広告運用・SNSアカウント運用など、Webマーケに関する仕事を委託で受ける場合

特に副業だと使える時間が限られているので、収入が伸びずらいデメリットがあります。

その点Webメディアの運営は、アクセスを集めて収益化する仕組みを構築出来れば

自分の使えるリソースに関係なく24時間365日Webメディアがお金を稼いでくれます

わにま
再生される度にお金が稼げる、YouTubeチャンネルと仕組みは似てるよね。

Google・Yahoo!のような検索エンジンで、記事を上位表示させる「SEO」のスキルが必要ですが

Webメディアの運営は、初期コストも安く抑えられ・原価もかからないメリットがあります。

 

※より詳しくは>>『Webマーケティングで副業を始める5ステップ。』をご覧ください。

 

【個人or会社員】Webマーケ業界で年収1,000万を目指す方法とは

最後に「Webマーケターとして年収1,000万円を目指す方法」をまとめてみました。

Webマーケ業界は個人のスキル次第で大きく収入をアップ出来る業界なので

是非下記のような点を意識しながら、普段の仕事に取り組んでみてほしいですね。

 

(SNSなど)一つ得意分野をつくる

SEO/MEO対策
リスティング広告
SNS広告
SNSアカウント運用
動画編集

まず一つ目は、ご自身の「得意分野」を一つ確立させるよう努めてください

私自身上記については一通り対応できて、実績も作ることが出来ましたが

特に「SEO対策」の部分を極めて、Webメディアを立ち上げて独立しました。

また最近ではTwitter・Instagram・TikTokなどSNSアカウント運用代行

ニーズが増えているので、SNSマーケで実績を作るのも良いと思います。

わにま
一つの分野で実績とノウハウがあれば、フリーランスでも活躍できるね。

まずはWebマーケティング会社で、幅広くスキルを身につけるのも大事ですが

慣れてきたら「自身の得意分野」について極める工夫をしてみてください

 

(CMO)企業の経営者層の経験あり

また先ほど紹介したように、CMOなど企業の経営者層での経験があると

転職市場でも重宝されますし、年収1,000万円も目指せると思います。

  • ベンチャー企業、中小企業の役員クラス
  • 外資大手、メガベンチャーの役員クラス

であれば「年収1,000~1,500万円」くらいの求人もたくさんあります。

もちろん経営者層クラスになると、Webマーケに関するスキルはもちろん

売上計画管理・マネジメントなど他のスキル(経験)も必要です。

ただWebマーケ業界は、実績次第で20代でも十分経営者層は目指せるので

会社員でキャリアを進めたい方は、是非挑戦してみてほしいですね。

 

「市場規模が大きい」業界へ転職

また転職を考えている方は、企業選びを工夫してみるのがおすすめです。

最近では「SaaS(Software as a Service)企業」と呼ばれる、IT企業の中でも

特に売上(利益)を伸ばし急成長を遂げている企業がいくつかあります

これらの企業の中には、社内でWebマーケターを抱えている企業も多いので

(代理店ではなく)事業会社で働きたい方には、ピッタリだと思います。

  • Web会議サービス:ZOOM
  • ビジネス名刺管理:Sansan
  • ビジネスチャット:Chatwork
  • 労務管理サービス:freee

などSaaSにはいくつも種類があるので、実際に求人を探してみてください。

(国内/国外問わず)伸びているSaaS企業の中には、Webマーケターを募集してる企業もあります

 

(人脈)周りの繋がりを大事に!

最後にWebマーケターに限ったことはないですが、やはり人との繋がりは大事です。

前職でお付き合いがあったお客様や、前職で一緒に仕事をした同僚はもちろん

昔の友達の会社から、Webについて相談したいというお話はよく聞きます

わにま
今となっては、Web集客が必要な会社ってかなり多いよね。

「Webマーケティング」は、ほぼ全ての業種で必要な施策であるからこそ

意外なところから、仕事の相談やヘッドハンティングの話が入ってきます。

その中には(今の会社の給料より高い)魅力的なお話が来ることも十分あるので

社外の人とも、積極的にコミュニケーションを取ることをおすすめします。

 

-Webマーケの転職

© 2021 Webマーケティングの学校