おすすめスクール

【本音を暴露】Webマーケティングスクールは通う意味がない?※現場の声を紹介。

『Webマーケティングスクールは通う意味がないのか?』徹底解説します。

インターネット上にある様々なWebサービスを活用して、企業の売上を伸ばしていく

"Webマーケティング"を基礎から勉強できるスクールが、最近人気になっています。

ただ"Webマーケティングスクール"という、あまり聞き馴染みのない言葉だけに

(通学して)本当に現場で通用するスキルが身につくのか?不安に感じてる人も多いです。

わにま
せっかくお金を払って勉強したのに全く役に立たないのは困るよ。

そこで今回は業界8年目、現役でWebマーケターとして活動するブログ管理人

Webマーケスクールは通う価値があるか?

どんな人がスクールに通うべきなのか?

スクール受講以外に勉強する方法はあるか?

途中で挫折しないためのポイントは?

など詳しく紹介していくので、通学を迷われている方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク



【結論】Webマーケスクールで学んでも全く意味がないのか?

最初に結論をお伝えすると、Webマーケスクールの通うことは"全く意味がないわけではない"です。

ただ"通学するだけでは不十分"というのも事実で、まずはその点を詳しく解説します。

 

(0→1)Webマーケの基礎を学べるのは事実

まず最初に理解しておいてほしいのが、Webマーケティングスクールで学べることは

Webマーケターとしての仕事の「(最低限)基礎的な知識・スキル」であるという点です。

Webマーケティングスクールでは"未経験者向けの専用カリキュラム"が用意されており

全く知識・スキルがない方でも、基礎の基礎から体系的に学習を進めていくことが出来ます。

すーき
また専属のコーチがついてくれるから分からない点は気軽に質問できるね。

他にも

ホームページの分析
リスティング広告の運用
ディスプレイ広告の運用
SNS広告の運用
SEO対策のオペレーション

など現場での「実務を想定したワーク」も用意されているので、卒業後は即戦力として活動できます

わにま
スクールに通えば、一人前のWebマーケターとしてスタートラインに立つことが出来るんだね。

 

(基礎を学んだ後は)実践で経験を積むのみ

ただ覚えておいてほしいのが「学校を卒業しただけでは、確実に経験不足である」という点です。

これがWebマーケスクールだけでは不十分な理由で、もちろん基礎的な内容を学べるのは事実ですが

Webマーケ業界においては、実践の中で得られた"経験・ノウハウ"の方が何倍も役に立ちます

ですのでWebマーケティングスクールに通学しなくても

自分のブログを開設して運用する
Twitter/InstagramなどSNS運用
YouTube/TikTokチャンネルの運用

など「実践の中で経験を積むこと」は、Webマーケターとして最大の学びになります。

すーき
(スクールに通わなくても)参考書などで基礎を学び、とにかく実践する方法もあるんだね。

もちろんWebマーケスクールを卒業したほうが、就職/転職に有利になる可能性が高いですが

「卒業して会社に入った後も、実践の中で学び続ける必要がある」点は覚えておいてくださいね。

 

(適正次第)人によって向き・不向きもある

この「スクールに通う」「(実践の中で)独学で学ぶ」かは、正直向き・不向きがあります

"学校のスタイル"でカリキュラム通りに、基礎からコツコツ学ぶのが得意な方であれば

Webマーケスティングスクールの方が合っていますが、反対に"とにかく実践スタイル"で

分からない点は自分で調べて取り組める「自走力」がある方は、独学の方がおすすめです。

わにま
自分のペースで、試行錯誤しながら勉強できる人は「独学×実践タイプ」だね。

スクールのメリット

カリキュラム通りに学べる
就職/転職のサポートもある
分からない点は講師に聞ける

独学のメリット

実践的なスキルが身につく
お金がかからずコスパが良い
自分のペースで勉強できる

などそれぞれ良い点・悪い点があるので、最初はお金のかからない"独学"で挑戦して

もし継続が難しく挫折してしまった場合に、スクールを検討しても良いと思います。

スポンサーリンク



【意味あり】Webマーケティングスクールに通うべき人の特徴

次は具体的に「どのような人がWebマーケスクールに向いているか?」解説します。

Webマーケスクールの受講メリットも合わせて紹介するので、参考にしてみてください。

 

「独学での勉強」に挫折してしまった人!

まずWebマーケスクールは「独学の勉強」に挫折した人には特におすすめしたいです。

というのも、独学でWebマーケティングを学ぶ"最大のデメリット"

  • まず何から勉強したら分からない
  • 不明点を質問できる人がいない

の2点だと思っているのですが、スクールに通えばその点は心配する必要がありません。

Webマーケティングスクールでは、未経験者に特化した"専用カリキュラム"を用意して

スケジュール通りに学習を進められるよう担当コーチが徹底サポートしてくれます。

すーき
受講者はカリキュラム通りに、とにかく勉強をし続けるだけでOKなんだね。

このように「この学習方法で正しいのか?」悩む必要がないのは大きなメリットですね。

 

(不明点)気軽に質問できる環境が欲しい人

上記のような理由から「不明点を気軽に質問できる環境で勉強したい人」にもおすすめです。

最近では参考書・YouYube・オンライン講座など活用すれば、一人でも十分勉強は可能ですが

Webマーケの仕事は①ネット専門用語も多く②各種ツールの使い方も少し難しいので

途中で行き詰ってしまい、モチベーションが低下して勉強を辞めてしまう人も少なくありません。

わにま
あと"独学"だと自分で試行錯誤しながら取り組むから、どうしても時間はかかるよね。

その点Webマーケスクールの場合は、専属の担当コーチが

対面・オンラインでの定期面談
分からない点はチャットサポート
提出した課題を添削してくれる

など期間中はマンツーマンでサポートしてくれるため、非常に続けやすい環境だと思います。

 

(体系的に)実務的な作業を練習したい人

また、独学でWebマーケを勉強する場合「実務的なスキルが身につきにくい」デメリットもあります。

例えばWebマーケターとして仕事をしていく場合

ホームページの制作
SNSアカウント運用
ネット広告の配信
データをもとに分析

など、対応すべきが領域が非常に広いため

リスティング広告アカウント
各種SNS広告のアカウント
Googleアナリティクス
Googleタグマネージャー
Yahoo!タグマネージャー

など、現場で使用することになるツールもたくさん種類があります。

これらのツールの使い方は、本を読んで勉強しただけだと、正直全く身につかないので

実際に(パソコンで管理画面を見て)使いこなしながら、覚えていく必要があります。

その点Webマーケティングスクーであれば

  1. 講義で基礎的な概要の理解
  2. 実践を想定したトレーニング
  3. クライアントワークの研修

のように現場を想定した実務的なワークまで取り組めるのは大きなメリットと言えます。

 

(短期集中)Webマーケ業界に転職したい人

そして、Webマーケスクールは「未経験からの転職に有利」であることも大きな魅力です。

例えば

今後のキャリア形成支援
履歴書/職務経歴書の作成
本番を想定した面接練習

など受講者がWebマーケの会社から内定をもらえる所まで、徹底サポートしてくれるます。

また最近のWebマーケスクールの中には、"転職保証制度""スカウト制度"など

就職/転職希望者にとって魅力的なサポート制度を用意するスクールも増えています。

もし未経験からの転職希望で、スクールに通う場合は「転職サポート内容」も必ず確認してみてください。

 

(Webマーケ業界で)繋がりを作りたい人

またスクールによっては「同じようにWebマーケターを目指す人との繋がり」を作ることが出来ます。

例えば"マケキャン"というスクールでは、カリキュラム内にグループディスカッションがあるので

そこで他の受講者の人と交流できたり、オンラインスクールの特性を活かして"ZOOM飲み会"も開催されています

わにま
最近ではTwitterで受講者同士がコミュニケーションを取ることが増えてるよね。

自分と同じようにWebマーケを勉強している受講者と交流すると、お互い切磋琢磨して"やる気"に繋がります

定期的に連絡を取り合う関係になっておくと、Webマーケ業界に入った後仕事のチャンスが生まれるかもしれません

この「横の繋がり」は私自身とても大事だと思っていて、将来の転職などにも役立つと思います。

 

「お金・時間的に」ある程度余裕がある人

最後にWebマーケスクールのデメリットを紹介すると、やはり「お金と時間がかかる」点ですね。

独学の勉強の場合、参考書なら1,000~2,000円で購入出来ますし、YouTubeなら無料で勉強できます。

その点Webマーケティングスクールだと、安くても150,000~200,000円(一括)は必要になります

更に社会人の方が働きながらでも続けられるよう、学習カリキュラムを組んでくれるのですが

  • 朝起きて出勤前の時間
  • 夜家に帰った後の時間
  • 土曜/日曜の日中の時間

など"仕事以外の時間"に勉強することになるので、受講期間中はかなり忙しくなると思います。

すーき
宿題に取り組む時間や、講義の予習をする時間も必要になるんだよね。

ですので"金銭的・時間的"な余裕が比較的ある人の方が、Webマーケスクールはおすすめで

もし受講する場合2~3ヶ月間「学習時間を確保できるか?」必ず確認するようにしてくださいね。

 

【工夫が大事】Webマーケスクールの受講を無駄にしない方法

ここからは、Webマーケスクールを受講する際に「注意してほしいポイント」を紹介します。

"Webマーケスクールの受講を検討している方"は、最大限効果的に活用できるように

そして払ったお金が無駄にならないように、以下の点を是非工夫してみてください。

 

(情報収集)目的に合ったスクールを探す

まずは目的にあったWebマーケスクールを選べるよう、事前に情報収集していきます。

一言で"Webマーケティングスクール"と言っても

ネット広告の運用に強い
SEO対策の実施に強い
SNSアカウント運用に強い
転職サポートが充実してる
入会金/受講料金が安い

などそれぞれ特徴が異なるのでご自身に合ったスクールを探す必要があります。

わにま
例えばWeb広告代理店に転職するなら「ネット広告」を中心に勉強する必要があるね。

また受講タイプも"通学型""オンライン型"があり、通学型は対面で講義するスタイルなので

講師に気軽に質問できたり、オンライン型は自宅で受講できたりメリットが異なります

Webマーケスクールの多くは入学する前に、無料説明会・無料カウンセリング

個別相談会を実施してくれるので、気になるスクールは公式サイトからお問い合わせして

担当してくれる講師やキャリアカウンセラーの方に、話を聞いてみるのがおすすめです。

 

(私がおすすめ)Webマーケスクール4選

Webマーケスクールは、最近かなり数が増えてきており、スクール選びに少し迷うかもしれません。

そこで目的別で、ブログ管理人がおすすめしたい"Webマーケスクール"を紹介していきます。

未経験者×3ヶ月×オンライン受講→『マケキャン』
女性向け×1ヶ月~×お洒落な教室→『シーライクス』
未経験者×1ヶ月~×コースが豊富→『テックアカデミー』
未経験者×3ヶ月×ネット広告に強い→『デジプロ』

どれも未経験者向けのスクールですが、受講期間やコースの内容が異なってきます

また担当コーチの方との相性もあると思うので、もし気になる方は複数のスクールで

無料説明会・無料カウンセリングに申し込んでみて比較してみるのもおすすめですね。

 

(挫折しないための)モチベーション管理

そして受講を始めてから、大事になるのが「日々のモチベーション管理」ですね。

モチベーションが低下して、挫折してしまう原因は

勉強する目的を見失ってしまう
分からない点をすぐ聞けない環境

の2点だと思っているのですが、②点目に関してはWebマーケスクールに通学していれば安心で

講座受講中分からない点があれば、随時専属コーチに方に質問するようにしましょう

そして①点目に関しては、常に学習する「目的」と「期間」を意識してみてください。

3ヶ月間でWeb広告の実務スキルを身につけて年内にWebマーケ業界に転職する。

など"具体的な目標"があれば、モチベーションを維持しながら続けられると思います。

すーき
また同じように、Webマーケを勉強してる人とのつながりも大事にしたいね。

意外と周りに同じく勉強している人がいるだけで日々やる気を維持して続けられます

ですのでグループディスカッションなど、他の人と交流する機会は大事にしたいですね。

 

(時間がかかっても)必ず課題を終わらせる

また"出された課題"どれだけ時間がかかっても良いので必ず終わらせましょう

Webマーケスクールで挫折する人の多くは、毎回の課題に時間がかかることが多く

上達も実感できないため「自分には適性がないのでは?」と、自信喪失してしまう人が多いです。

ただWebマーケの仕事(課題)に最初取り組むとき時間がかかるのは当たり前

私自身も最初試行錯誤しながら"時間をかけて"勉強して、やっとスキルを身につけました。

わにま
同じタスクを繰り返し行うことで、徐々に慣れていくもんだよね。

Webマーケティングスクールで、用意されてるのは"未経験専用の"カリキュラムなので

スクールを卒業して転職した後、必ず現場で使用するシーンが出てくると思います。

そこで何度も同じ仕事を繰り返し取り組む中で慣れてくるので安心してほしいですね。

 

(期間内は)Webマーケの勉強に集中しよう

そして、Webマーケスクールに通ってる間は"限られた時間を最大限有効活用"しましょう。

スクールの多くはオンラインで配信する動画授業を観て、基礎的な知識を身につけた後

実践練習に取り組んでいくのですが、動画授業は期間内はいつでも視聴し放題です。

ですので講義の時間以外で、例えば通勤・通学中Webマーケの勉強時間に活用して

分からない点は担当講師にどんどん質問したり、スクールをとことん使い倒してほしいですね。

すーき
悩む時間がないくらい毎日の隙間時間を勉強に充てるようにしたいね。

平日は仕事がある社会人の方、授業がある学生の方であれば、意外と2~3ヶ月間で

Webマーケの勉強ができる時間は限られるので、受け身の姿勢にならないよう注意しましょう。

 

(基礎を学んだら)とにかく実践しよう!

そしてスクールで学んだことを「アウトプットする機会」をつくってみてください。

Webマーケティングは、インプットとアウトプットを継続的に行い経験を積むことが非常に大事。

例えばスクールで"アクセス解析"について学んだのであれば、自分でブログを運営してみて

月にどれくらいアクセスがあるか?
どのページが一番見られているのか?
どのページでユーザーが離脱してるか?
スマホ・パソコンどちらが多いか?

など傾向を調べて、必要な対策を実行したり"実践"してみると更に勉強になることが多いです。

Webマーケティングではこの「トライ&エラー」の繰り返しで知識・スキルが増えていくので

  • ブログに対して広告を配信する
  • SNSアカウントを運用してみる

などWebマーケスクールで学んだことを、どんどん"アウトプット"していきましょう。

 

(受講した後も)勉強し続ける姿勢が大事

最後に、Webマーケの勉強は「スクールを卒業したから終わり」というわけでは決してありません。

スクールを卒業した後も日々勉強の繰り返しで、新しい知識を身につける必要があります。

例えば(TikTokなど)新しい広告媒体があれば、情報収集してインプットする必要がありますし

(Google・Yahoo!)既存の広告媒体も、常にアップデートされて新しい機能が増えていきます。

わにま
使えなくなってしまう機能もあったりするので、注意が必要なんだよね。

このように変化が激しいWebマーケ業界だからこそ、自分自身のスキルもアップデートし

"常に新しい企画をクライアントに提案できる"Webマーケターを目指していきたいですね。

 

【スクール以外】より効果的なWebマーケティングの勉強方法

ここからは「独学でWebマーケティングを勉強する方法」について解説していきます。

スクールに通学する以外もWebマーケは勉強できるので、参考にしてみてください。

 

(メリット)独学 vs Webマーケスクール

独学のメリット

実践的なスキルが身につく
お金がかからずコスパが良い
自分のペースで勉強できる

独学のデメリット

カリキュラム通りに学べない
就職/転職のサポートがない
分からない点を質問できない

まず簡単に独学でWebマーケを学ぶ「メリット」「デメリット」を確認しましょう。

上記のように独学の最大のメリットは、お金をかけずに・自分のペースで勉強できる点ですが

逆にデメリットは、体系的にWebマーケを学べない・分からない点を質問できない点ですね。

ある程度自分自身で勉強できる"自走力"がある方であれば、独学での勉強もおすすめです。

まずは、実際にやってみて「適性があるか?」判断してみるのが良いと思います。

 

(参考書)Webマーケの基礎を理解しよう

沈黙のWebマーケティング

まず独学でWebマーケを勉強する最初のステップは、基礎的な概要を理解することです。

これは市販の参考書でも、YouTubeでも、Udemyなどオンライン講座でも何でもOKです。

本を活用する場合は「沈黙のWebマーケティング」が、特に未経験者の方におすすめ

漫画形式でストーリーが進んでいくので、楽しみながらWebマーケの基礎を勉強できます。

またオンライン講座>>『Udemy』を活用すれば、SEO対策・ネット広告・SNS運用など

Webマーケ領域における"実務的なスキル"を、オンラインで身につけることが可能です。

すーき
Udemyなら、Webマーケスクールより"格安で"受講することが出来るよね。

 

(Webメディア)自分でブログを運用する

そしてある程度基礎を学べた後は、とにかく実践でアウトプットしていきましょう。

Webマーケティングの実践で、個人的に一番おすすめなのが「ブログ運営」ですね。

ブログ運営には

SEO対策の基礎知識
広告運用の基礎知識
SNS運用の基礎知識
Googleアナリティクスの使い方
Googleサーチコンソールの使い方
サーバー/ドメイン管理

など"Webマーケティングの全て"が詰まっており、体系的に学ぶにはピッタリです。

もちろん最初ブログを開設する際は、分からない点がたくさん出てくると思いますが

随時Google検索で調べれば、解決方法を紹介してくれるブログ・YouTubeがたくさんあります。

もしブログ運営において分からない点があれば、このブログ"Webマーケティングの学校"の

>>『公式LINE』無料質問を募集しているので、気軽に活用してみてください。

 

(ブログに)お金を払って広告を配信!

そしてブログを開設した後は、ご自身で"何かテーマを決めて"記事を書いていきます。

これは「自分の好きなこと・興味があること・得意なこと」など、何でもOKなのですが

1記事毎に"何というキーワードで検索した人のための記事か?"は意識してみてください。

わにま
「どんな悩みを持っている人のための記事なのか?」を意識して書くんだね。

そして記事が少しずつ増えてくれば、Google広告を活用して実際にネット広告を配信してみます。

「Google広告の管理画面の使い方」は、最初慣れるまでは難しく感じると思いますが

毎日管理画面を触っていると自然と慣れてくるので、とにかく挑戦してみてほしいですね。

このネット広告運用は"Webマーケターにとっては必須スキル"なので、十分使いこなせるようになりましょう。

すーき
Google広告は「1,000円~」など少額でも配信できるので是非やってみてね。

 

(GA・サチコ)サイトを分析してみよう

そして記事を書いて・広告を配信して、アクセス数が増えてくれば「サイトを分析」します。

Googleアナリティクスを活用したサイト分析も、Webマーケターにとっては必須のスキルなので

月にどれくらいアクセスがあるか?
どのページが一番見られているのか?
どのページでユーザーが離脱してるか?
スマホ・パソコンどちらが多いか?

など分析してみて"今ブログがどんな状況なのか?"把握できるようになりましょう。

またGoogleサーチコンソール(サチコ)を活用すれば、Googleの検索結果において

自分の記事が何位なのか?

被リンク数は増えているか?

サイト構造上の問題はないか?

など"SEO対策"における重要なポイントを分析するのに、活用することが出来ます。

わにま
Googleサーチコンソールもお客様のサイトを分析する時よく使うツールだよね。

 

(アドセンス)サイトに広告を掲載する

そして最後にやってほしいのが、サイトに広告(Googleアドセンス)を掲載することです。

Googleアドセンスとは、ブログ内の指定箇所に"Googleの広告を設置できる"仕組みなのですが

アクセス数が多いブログであれば、YouTube等と同じで、個人で収入が得られます。

またGoogleアドセンスを設置することで、ネット広告がどのような仕組みで配信されているか?

更に理解することが出来ると思うので、アクセス数が増えてくれば挑戦してみてほしいですね。

すーき
収入が得られるくらいまでやってみると、Webマーケのスキルはかなり身につくと思うよ。

このように独学の場合は、基礎的な知識を身につけた後、とにかく実際にやってみて

ブログサイト開設
ブログ記事の投稿
ネット広告の配信
サイトの分析/改善

などのスキルを試行錯誤していく中で、身につけていく流れになります。

ブログ運営で十分なら実績があれば、未経験でもWebマーケターに転職することは十分可能です。

 

【要約】独学の勉強に失敗した人にはスクール受講もおすすめ

ここまで「Webマーケティングスクールは意味がないのか?」について解説しました。

結論として、未経験からWebマーケ業界に転職するなら、十分スクールに通う価値はありますが

最初はブログ運営など実勢にやってみて難しければスクールを検討するで良いと思います。

Webマーケスクールはどうしてもお金がかかるので、最初お金があまりかからない方法

勉強し実際にブログ運営など挑戦してみて、続けられそうか判断しても遅くはないですね。

スポンサーリンク



-おすすめスクール

© 2021 Webマーケティングの学校