おすすめスクール

【コラーニングアプリ】Growth X(グロース X)の評判!※料金システムも紹介。

Growth X(グロース X)マーケティング学習アプリ"コラーニング"』について徹底解説します。

昨今インターネットの急速な普及により、消費行動の"デジタル化"は年々勢いを増しており

Google・Yahoo!・YouTube・Instagramなど、様々なWebサービスに関する知識・スキルを持った

「デジタル人材の採用・育成」は、今後企業が生き残るために必要不可欠な活動になっています。

そして非対面でのやり取りが好まれる今、その流れは更に加速していく可能性が高いです。

わにま
ただデジタルマーケに詳しい人材を採用・育成するのってなかなか難しいよね。

そんな"デジタルシフト"を目指す企業向けの、デジタルマーケティング人材育成サービスとして

最近話題になっているのが、Growth X(グロース X)学習アプリ「コラーニング」です。

今回はGrowth X(グロース X)について、人材育成に導入することで得られるメリット

導入企業からの評判受講する期間や料金システムなど、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク



【コラーニングアプリ】Growth X(グロース X)の導入メリット

まずはGrowth X(グロース X)を「人材育成に導入するメリット」について解説します。

「そもそもどんなサービス(アプリ)なのか?」特徴を一つずつ理解していきましょう。

 

(即戦力)マーケティング人材を育成

まずGrowth X(グロース X)は、企業向けのデジタルマーケティング人材を育成するサービスです。

テレビ・新聞・ラジオ・雑誌など"マス広告"が年々衰退する中、インターネット広告市場は急速に拡大しており

Google・Yahoo!・YouTube・Instagramなど、様々なWeb媒体に広告を配信する企業が増えています。

このような"デジタルシフト"に注力企業が増える一方で、デジタルマーケの専門的なスキルを

身につけた人材の採用には多くの企業が苦戦しており、転職市場にも多くないのが現状です。

すーき
現場で「デジタルマーケに詳しい人材が足りてない」と感じてる企業がかなり多いんだよね。

そんな悩みを持つ企業にピッタリなのが、人材育成サービス「Growth X(グロース X)」

このサービスを導入することで、社内でWebマーケティングに詳しい人材を育成できます。

 

(基礎から学べる)専用カリキュラム

Growth X(グロース X)では、Webマーケの基礎から学べる専用カリキュラムが用意されています。

そのため「ネットにあまり詳しくない社員」の方でも、Webマーケティングの概要の理解から

ホームページの分析
リスティング広告の運用
ディスプレイ広告の運用
SNS広告の運用
SEO対策のオペレーション

など実務的な内容まで一つ一つ順番に学んでいくことが出来るのは大きな魅力と言えます。

Webマーケティングという分野は、専門用語も多く・抽象的な内容もかなり出てくるため

独学で勉強すると行き詰ってしまい、モチベーションが低下して挫折する人も少なくありません。

その点"初心者レベル"から"実践レベル"まで順番にカリキュラムが組まれているので

初心者の方・苦手意識がある方でも、Webマーケティングの学習を続けやすいと思います。

 

(1日15分)スマホで学べる専用アプリ

またGrowth X(グロース X)は「専用のアプリシステム」を活用するので、スマホで学習可能です。

例えば"Webマーケを学べるスクール"に通学する場合

  • 朝起きて出勤前の時間
  • 夜家に帰った後の時間
  • 土曜/日曜の日中の時間

などの時間で学習に取り組む必要があるため、社会人の方には特に負担が大きくなります。

その点Growth X(グロース X)では、スマホがあればいつでも受講することが出来るため

(1回5分程度)通勤/通学中やお昼休憩のちょっとした隙間時間でも取り組めるのは便利です。

また専用スマホアプリは、LINEのような「メッセンジャー型」のデザインになっておるので

中断→復帰した際もどこまで勉強したか確認しやすく、忙しい社会人にはピッタリだと思います。

 

(クイズ出題等)チャット形式で学べる

またGrowth X(グロース X)の専用アプリは、チャット形式で勉強していくスタイルになっており

ただ単に"本を読んだり・動画を視聴するの"とは違ったライブ感のある仕様になっています。

考え方を問うアンケート
理解度を確認するクイズ
クリップによるメモ機能

などチャット上の機能も充実しており、飽きずに学習を続けられるのも魅力の一つと言えますね。

各チャプターでクイズが出題されるのでその都度"ご自身の理解度"をチェックしてみて

もし完璧に理解できてないようなら、チャットを戻ってみて、再度復習したり活用できるわけですね。

わにま
1ヶ月ごとにテストが行われるので、一つ一つのチャプターでしっかり内容を理解していこう。

 

(学習進捗を)ダッシュボードで確認可

そしてGrowth X(グロース X)を導入した企業担当者の方には、管理用のダッシュボードが用意されてます。

このダッシュボードでは、各メンバーやチームの学習進捗や課題を一括で把握することが出来るため

  • それぞれ学習は進んでいるのか?
  • どのようなスキルが身についたか?
  • 課題となっている部分はどこか?

などGrowth X(グロース X)を使った"研修の進捗状況"を、リアルタイムで把握できて非常に便利です。

対応する領域が広いWebマーケティングにおいて、各メンバーの"個人スキル"を把握できていれば

例えば「新プロジェクトのメンバーを選ぶ」際にも最適な人材配置を進められるというわけですね。

スポンサーリンク



【リアルな評判】Growth X(グロース X)の口コミを解説します

他にもGrowth X(グロース X)が「Webマーケ人材の育成」に選ばれる理由はいくつかあります。

ここからはもう少し詳しく「導入することでどんな効果が得られるか?」確認していきましょう。

 

(OJT頼みの)教育システムを解消する

まずGrowth X(グロース X)を導入することで、OJT頼みの教育システムを改善できます。

例えば"新しく入社した社員・別部署から入ってきた社員"に対して、上司・先輩の方が

実際の仕事を通じてWebマーケティングを教えていく場合

断片的な知識/スキルしか身につかない
上司/先輩の教えるリソースが足りない

など様々な問題が起こることがよくあります。

その点Growth X(グロース X)を導入し、専用カリキュラム通りの学習を続ければ

"全ての社員の方"に基礎から実践的な内容まで幅広いWebマーケの知識を身につきます。

ですので新しく参加したメンバーの方でも、即戦力として活躍出来るというわけですね。

 

(全体像を理解)学習コンテンツが豊富

またGrowth X(グロース X)では、SEO対策・ネット広告・SNSアカウント運用など

"実務的な知識"はもちろんですが、自社のビジネスモデルを理解したうえで

"Webマーケの戦略を立案する"ところまで包括的な知識を習得することが出来ます。

  • リスティング広告の運用
  • SEO対策のオペレーション
  • 各種SNSアカウントの管理

など部分的に携わってる社員はいても、それはWebマーケの施策の一部にすぎません

各メンバーがWebマーケの全体像まで理解していれば、企業の売上を伸ばすために

チーム内で、より"建設的なディスカッション"を行っていけるようになります。

 

(ディスカッション)共通言語で話せる

またGrowth X(グロース X)では1ヶ月ごとに、各部署に新しいコンテンツが追加されるので

組織内のメンバーと同じペースで学習を進めることで自然と"共通言語"が生まれてきます

用語例

CTR(クリック率)
CPC(クリック単価)
CPA(顧客獲得単価)
CV(コンバージョン)
CVR(コンバージョン率)
LTV(顧客生涯価値)

Webマーケはとにかく専門用語が多いのですが、現状の結果・今後の改善策を説明する上で

これらの用語は必ず出てくるため、Webマーケに"詳しい社員""詳しくない社員"の間で

「円滑なコミュニケーションを取ることが出来ない」というケースがよく起こります。

その点Growth X(グロース X)を導入することで、組織内のメンバー間はもちろんですが

主力メンバーや外部のWeb会社と「同じ知識レベル」で話すことが出来るようになります。

 

(ランキング)同僚同士で切磋琢磨する

次にGrowth X(グロース X)は、他受講メンバーの"回答結果""進捗を確認できる"という

「ソーシャル性」も持っているため、お互い切磋琢磨しながら学習できるメリットもあります。

また学習進捗率がランキングで表示されるのも、モチベーション維持に大いに役立ちます。

Webマーケに限りませんが、何か新しいことを勉強する時に"環境"はとても大事です

すーき
同じように頑張ってる人がいれば、自分自身も挫折せずに続けられるよね。

特にWebマーケティングは覚える領域が広いので、継続して取り組めるかは重要で

(他の人と繋がっている)ソーシャル性がある点は、非常に魅力的だと思います。

 

(スキルを可視化)人事評価にも使える

最後にGrowth X(グロース X)で可視化されたデータは"人事評価"にも活用できます。

「Co-SkillUp」という各メンバーやチームのマーケティンスキルを分析できる機能があるため

「社内で求められる目標に対して、どのような実績を残してるか?」すぐに把握可能です。

Webマーケは"企業の売上に直結するスキル"なので、勉強してスキルを身につけた人を

きちんと評価することで、今後の業績にも大きく貢献してくれる人材になるでしょう。

 

【8ヶ月~】Growth X(グロース X)でマーケティングを学ぶ流れ

ここからは「Growth X(グロース X)」の導入手順について解説します。

アプリを使えるようになるまで、どのようなステップが必要か確認しましょう。

 

(公式サイト)見積もり・お申込みする

まずは公式サイトにアクセスして、資料ダウンロード・お問い合わせをします

資料詳細

アプリ機能
学習コンテンツ
料金システム
導入企業インタビュー
利用実績データ

お問い合わせ後は、Growth Xに関する"サービスの説明"と利用人数に応じた"お見積もり"を出してくれます

わにま
「対面」でも「オンライン」でも、希望に応じて対応してくれるんだよね。

 

(Growth Xから)アカウント発行される

お見積もりを確認してGrowth Xの導入が決まったら、申込手続きを行います。

申込後は、利用者のメールアドレス毎にアカウントが発行されます

 

(アプリインストール後)利用を開始!

そしてアカウントが発行された後は、各利用者でアプリをダウンロード

無事ログインすることが出来れば手続きは完了で、早速学習を開始できます。

 

(導入後も)専門スタッフのサポート有

最後にGrowth Xを導入後、もし分からない点があれば、専門スタッフに相談できます

また企業担当者には月時で"Growth Xのレポーティング"まで行ってくれるようです。

すーき
困った時、相談できる専門スタッフがいるので、安心して導入できるね。

 

【導入費用】Growth X(グロース X)の受講期間と料金システム

サービス名Growth X
特徴スマホアプリで学べる
受講期間12ヶ月
料金(各月)100,000円~
受講形式オンライン
オンライン面談あり(60分)

「アカウント数」で月額料金が違う

Growth X(グロース X)の料金システムについてですが

受講期間:12ヶ月間
月額料金:100,000円~

となっており"発行するアカウントの数"に応じて月額料金は多少前後します

「アプリで使える機能の詳細」や「具体的な活用方法」や「お見積もり」に関しては

専門スタッフの方が詳しく説明してくれるので、まずは一度お問い合わせしてみてください。

わにま
その後に「最初、何名のスタッフに受講してもらうか?」検討してみると良いね。

 

【株式会社グロース X】Growth X(グロース X)運営企業を調査

最後に、サービス運営会社である「株式会社グロース X」様についてチェックします。

Growth X(グロース X)は、大手の事業会社・広告代理店など、数多くの有名企業の

新人研修として利用されているだけあって、監修してるのが"超一流マーケター"の方ばかりでした。

このブログ"Webマーケティングの学校"でも紹介した、おすすめ書籍を執筆されている方も

「社外取締役・アドバイザー」として参画されており教材の質はかなり高い印象です。

すーき
マーケティング人材を一から育てるために、優秀なマーケターが考え抜いて開発されたサービスなんだね。

正直私もOJTと独学でWebマーケティングは勉強しましたが、新人研修での活用はもちろん

主力メンバーの「更なるスキルアップ」にもGrowth Xは十分活用できると思っています。

また株式会社グロース Xでは

  • Growth X(グロース X)DX編
  • Growth X(グロース X)AI編

のようにマーケティング分野以外でも、専門家が監修したカリキュラムを用意してます。

ですので社内メンバーに学んでほしい分野に応じて、使い分けてみるのもおすすめです。

 

【簡単に要約】Growth X(グロース X)をおすすめしたい企業!

ここまで「Growth X(グロース X)のサービスの特徴」につい徹底解説しました。

この記事の要約として

Webマーケ人材の採用に上手くできてない
Webマーケを教える環境が社内に整ってない
各社員のWebマーケスキルにバラツキがある
スキルが可視化できず正しく評価できてない

という企業にはピッタリで、Growth Xを最大限効果的に活用できると考えます。

今後更なる"社会全体のデジタルシフト"で、Webマーケティングに対応できる人材は

「企業の売上を左右する重要な役割」を担っていく可能性は非常に高いです。

ですので早い段階から、マーケティングを教育できる環境を構築しておくことで

各社員個人の成長はもちろん、会社全体の成長にも繋げることが出来るしょう。

画像引用:https://grtx.jp/

スポンサーリンク



-おすすめスクール

© 2021 Webマーケティングの学校